ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

メニューを開く
まちの本屋

一般書(24)

まちの本屋

知を編み、血を継ぎ、地を耕す

ネット書店の台頭、市場の縮小──。この時代におけるリアルな本屋の存在価値とは? 注目の現役書店員が綴る出版業界最前線!

発売年月2015年11月
ISBN9784591147399
判型四六判
サイズ195mm x 134mm
ページ数172ページ
対象年齢・学年一般 
本の種類単行本 
ジャンルノンフィクション エッセイ 
定価1,620円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

ネット書店の台頭、市場の縮小、「書店空白地域」の急増──。
この時代における、リアルな本屋の存在価値とは?
「まちの本屋」の活路はどこにあるのか?

新たな本屋の息吹が聴こえる。
注目の書店員、初の著書!


【著者プロフィール】
田口幹人(たぐち・みきと)

さわや書店フェザン店(岩手県盛岡)店長。1973年、岩手県西和賀町(旧・湯田町)の本屋の息子として生まれる。幼少時代から店頭に立ち、読みたい本を読み、小学生の頃にはレジ打ちや配達などもしていた。古本屋に入り浸る学生時代の後、盛岡の第一書店に就職。5年半の勤務を経て、実家のまりや書店を継ぐ。7年間の苦闘の末、店を閉じ、さわや書店に再就職。2011年より現職。地域の中にいかに本を根づかせるかをテーマに、中学校での読書教育や、職場体験の中学生の受け入れ、イベントの企画、図書館と書店との協働など積極的に行う。「売る」と決めた本は、あらゆる工夫をして徹底的に売ることでも有名で、さわや書店から生まれたベストセラーは数多い。


【帯コメント】 

ここに本屋の未来がある。
この国の商いの希望がある。
受け取ってください、いち書店人の本気を。

?田 郁(作家)

        *

「硬直的」「先細り」と嘆く様々な業界人よ、
これは必読のビジネス書だ。
結果を出し続ける書店員の言葉に?はない。

相場英雄(作家)

        *

「まちの本屋」さんとしてあり続ける
本の目利きの田口幹人店長。
本の存在が問われる時代の「本の未来」が、
具体的な声として聴こえてくる。
売った本の数だけ、出会いがあり、何かが起きる。

角川春樹(角川春樹事務所代表取締役社長)

この本をシェア

おすすめの書籍

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

電子書籍購入のご案内

※ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。
※電子書籍の価格は、各ストアにてご確認ください。