サイト内検索
メニューを開く

ポプラズッコケ文学新人賞

第9回

総評

第9回ポプラズッコケ文学新人賞

「第9回ポプラズッコケ文学新人賞」にご応募くださいました皆さま、誠にありがとうございました。今回からウェブ応募も採用いたしましたが、結果昨年よりも多くの方から作品をご応募いただき、総数207編となりました。

 その中から、11作品が2次選考へと進み、11名の選考委員が選考にあたりました。議論を重ねた結果、最終選考に4作品を選出いたしました。

 そしてこのたび、最終選考にて、特別審査委員の那須正幹先生と16名の選考委員からもっとも評価の高かった、小川雅子さんの「ライラックのワンピース」が大賞に選ばれました。

 「ライラックのワンピース」は、小6の〈裁縫少年〉トモが、少女リラの大切なワンピースのお直しをきっかけに、さまざまな人の想いに触れ、自身の将来についても見つめなおす、あたたかな成長物語です。今後の活躍を期待して、ポプラ社よりデビューしていただきたいと思います。

 また、今回より新たに「編集部賞」を設けております。応募作品は粗削りであっても、これからの子どもの本の書き手としてキラリと光る個性を持った方を選び、編集者が担当につかせていただきます。議論の結果、今回は最終選考に選出された「ラスト・コール」を編集部賞とさせていただくこととなりました。最終選考に選出された他3作品と合わせまして、後ほど選評にて触れさせていただきます。

 今回の大賞受賞者である小川雅子さんは、過去にもポプラズッコケ文学新人賞の最終選考へと残った作品がありました。その際は「完成度は高いが大人の物語で古びれた印象。もっと子どもが主体的に動く物語にしていただきたい」との評価でした。その課題をご自身でとらえなおし、見事今回受賞となりました。

 子どもが主体的に動く物語というのは、児童文学である以上は絶対に必要な要素です。そのうえで、どんな子どもを描きたいのか。その子ども像は、大人の理想になっていないか。ぜひ応募原稿をお書きになる際には、考えていただけたら幸いです。「ズッコケ三人組」シリーズの主人公たちは、つねに自分たちが考え、ときに大人の思惑を超えた行動で読者の子どもたちの心を晴らし、熱狂的な支持を集めてきたと思います。

 もうひとつ意識していただきたいのは、新人賞が求めるのは、技術の高さよりも、新しさだということです。

 その点、選考員を沸かせたのは、二次選考まで進んだ2作品「カメムシマン」と「君の涙を拾いに来た」でした。前者は人の悪口ばかりを喋るカメムシが大量発生するという奇想天外な設定のもと、パニック小説さながらに人間たちが翻弄される物語で、強いインパクトを残しました。後者は、真珠を探し続ける謎の転校生との交流を描いた物語で、今らしい個性的なキャラクターづくりと作品を流れる神秘的な空気の独自性を評価する声があがりました。いずれも完成度の点で課題が残り、最終選考には選出されませんでしたが、新鮮な出会いとなりました。

 今の時代だからこそのフレッシュな視点、切り口に出会えるときこそ、新しいエンターテインメントが生まれる瞬間と思います。既存の作品ではまだ語られていない唯一無二の魅力をぜひ考えてみてください。

 今後もみなさまからの力作のご応募を心よりお待ちしています。

大賞 副賞100万円

受賞作品

受賞作(大賞)
『ライラックのワンピース』小川雅子さん
受賞のことば

 子どもを育てながら家でできる仕事はないか――。
 物語を書く人になりたいと志したときから四半世紀。赤ちゃんだった娘たちはすっかり大人になり、私は月刊誌の編集を通じて取材や対談記事作成などの仕事を得ています。「仕事」も「書く」ことも手に入れたはずなのに、それでもやっぱり、しぶとく、じたばたと、物語を書き続けています。
 この体験はネタになるぞ!
 この悲しみは私の血肉となり、文章に厚みを持たせてくれるはずだ!
 人生の苦楽は物語を紡ぎだすモチベーションとなり、これからも私は“書くこと”を通じて人生を楽しんでいけそうです。
 那須正幹先生、ポプラ社の皆様、私の物語に心をとめて下さって、本当にありがとうございます。そして、家族や仲間たちにも心からのお礼を。ようやく入口に立つことができました。
 世界は広く、不思議なものや美しいもので満ちています。
 子どもたちがキラキラした目で世界を見渡せるような、世界に一歩踏み出すきっかけとなるような、そんな物語を書き続けていけたら嬉しいです。
 このたびは本当にありがとうございました。

  • 小川雅子

あらすじ

 裁縫が好きな〈裁縫少年〉の小学6年生トモの物語。仕立て仕事をする祖母が身近にいたことから裁縫好きとなったが、その祖母が3カ月まえに亡くなり、クリーニング店を営む祖父も消沈している。そんなある日、祖母の部屋でお直しの必要なワイシャツを見つけたトモは、とれていたボタンをつけ、祖母の「業務日誌」を手がかりに持ち主をたずねる。そこで出会った少女リラの、亡くなった母から譲り受けた青いワンピースを直すことになるが……。

選評

 作品の完成度では4作の中で一番優れていた。
 裁縫の好きな男の子は、児童文学初めての登場ではないだろうか。
 物語の進行もスムーズだし、登場人物もきちんと描けている。それらを支える文章も的確だ。総体的に、文句のつけようのない作品で、十分受賞に値すると思った。
 ただ、一つ気になったのは作品の背後に大人作者の視線が強く感じられることだ。つまりこの作品は大人世界の物語で、主人公は大人たちの事情を素直に受け入れ、これに沿ってけなげに行動するだけではないか。
 例えば、リラの祖父が初めて出会った小学生に、我が家の歴史から身内の込み入った事情まで話すだろうか。あるいは、小6の男子が、同い年の異性のスカートを見て、たけが短いことに気付くだろうか。主人公の祖母が洋服の仕立てをしていて、小さい時から仮縫い場面などを見慣れていたのなら、違和感を持っても不思議はないが、単なる繕い物をしていただけでは、スカートの丈が短いことに気付くはずがない。それよりスカートから伸びる、すらりとした異性の足のほうに視線が行くほうが、自然だと思う。
 児童文学はあくまで子ども主体の物語であり、主人公たちが大人の思惑を超えて活動することで子ども読者を魅了する。大人好みの子どもでは、読者は共感しない。
  • (特別審査委員 那須正幹先生)
 引き継がれる人の想いを、裁縫を通じてトモが知り、自分の力に変えていくようすを丁寧に描き出した作品。安定した筆力と読み心地のよさに評価が集まり、二次選考の段階から圧倒的な好感度の高さをキープした。伝えたいメッセージを言語化できる芯の通った物語といえる一方で、キャラクターに書き手の意図を語らせすぎて、押しつけがましい印象もありとの声もあがった。主人公のトモが物わかりの良い、大人好みのキャラクター設定であることは一因だろう。ただ、家族などまわりの人物たちの描写については豊かな人間味を感じられた。クライマックスで、失くしたワンピースを子どもたちが力を合わせて見つけ出す展開には、たしかな子どもの意思とエネルギーが感じられ、より作品の完成度を高めたと評価された。今後も子ども自らが生き生きと運命を切り開いていく物語を書き続けていっていただきたい。
  • (選考委員一同)
編集部賞
「ラスト・コール」船郷計治さん

あらすじ

 修学旅行から帰ると、主人公の「ぼく」・鈴木和隆の住んでいた街から人が消えていた。残ったのは、同じバスに乗っていたヒロ、牧野、山添くん、山崎さんだけ。違和感を覚えながら、誰もいない家で一晩を過ごしたぼくは、翌日家族に再会できたと聞いた山崎さんが今度は忽然と姿を消してしまったことを知る。ひとり、またひとりと消えていく仲間たち。押し黙った街で起こる恐怖の体験と真実を探し求める子どもたちの活躍を描くサスペンス。

選評

 今回の中では異色の作品で、その点では大いに評価できた。本格ホラーサスペンスは、児童文学の世界ではあまり書き手がいないので、これからもこの分野で精進されることを願っている。
 この種の架空世界を描く場合、物語の整合性が重要になる。
 なぜ車のダミーが必要だったのか。
 先生にはひどい傷があるのに、なぜ子供達には外傷がないのか。逆に、なぜ先生にだけ外傷があるのか。
 牧野の受験問題を書く必要があるのか。
 会話と地の文がかみ合わない部分があり、文章の勉強をしっかりされることを望む。
  • (特別審査委員 那須正幹先生)
 スリリングな展開と絶妙な違和感のすえ方に、続きが気になり一気読みしたという選考員も少なくなかった。整合性という点でのディティールの粗さと、ラストの種明かしに納得感が薄いという批判的な声もあがったものの、新しい発想を形にしようとする気概や高いエンタメ性には期待がもてた。情緒をなるべく排し、サスペンス要素に集中した作品作りにも、他作品にはない魅力を感じた。ぜひ今後は男子も楽しめる新しいエンタメ作品をめざして書き続けていただきたい。
  • (選考委員一同)

最終候補作品

「夏空の羅針盤(コンパス)」 このゑなおるさん

あらすじ

 ふうかは、物語をつくるのが好きな小6の女の子。夏休み、父親が入院をしている間に小1の弟ひなたを連れて、6年前に別れた母親に会いに行くことを思いつく。一人ぐらしのおじいさんや暴力をふるう父親に悩む中学生りゅうと、看護師のシカさんに助けられながら、ふたりは母親との再会を果たすけれど……。ふうかが旅での出会いをヒントに、自分たちを犬の姉弟に見立てて描いた物語と現実が同時に進行する構成をとった意欲作。

選評

 作者の想像力は大いに買う。作中のふうかの創作物語も面白いのだが、弟の好きな「りゅうの剣」まで入ると紛らわしい。「りゅうの剣」はカットしたほうが良かった。
 全体のストーリーはそれなりに出来上がってはいるが、物語があまりにもうまく進みすぎて、リアリティーに欠ける。例えば独居老人が、赤の他人を泊めたりするか。同様のことが後半の少年や看護師にも言える。両親の離婚原因もいまいちわからない。
 この作者は、いちど徹底的なリアリズム小説に挑戦してみるとよいだろう。それをマスターすれば、ファンタジーも、格段に進歩すると思う。
  • (特別審査委員 那須正幹先生)
 母親を探す姉弟のロードムービー調の物語に、主人公ふうかの書いたファンタジーの物語を交える構成は意欲的で評価できるとの声があがりながらも、文量的なバランスの悪さが目立った。母親の掘り下げが足りないことと、主人公たち家族の抱える金銭的な問題が解決されておらず、エンディングも完成度がもう一つになってしまったことが残念だ。
  • (選考委員一同)
「うたう森 ~終わりある世界に甘いのが好きなんだよとふわふわは言った~」 けいまさこさん

あらすじ

 地震と放射能におびえる母親と、森に囲まれた小屋で暮らす7歳の希。あるとき初めてひとりで森に入ると、不思議な歌声に導かれ、「うたうもの」と呼ばれるヤマネ・サトと出会う。ともに仲良くなったヒメネズミのサリー、アカネズミのナカシ、ツキノワグマのアームーと森で四季を過ごすうち、自然の厳しさや尊さ、命の輝きを知っていき……。原発や放射能など社会的な問題を根底に敷きながら、少年と森に生きる命の絆を描いた自然賛歌の物語。

選評

 全般的にやや退屈。ヤマネたちとの交流だけでは面白くない。後半に登場する開発業者や森を守る大学関係者も類型的。自然と命を守るというテーマは、すでに多くの作品が出ているので、これらとは違った切込み方、あるいは別の方向性を見つけてほしい。ただ、地震や放射線を極度に恐れる母親像は出色。この母親をうまく使えば違った物語が生まれたかもしれない。もし、作者自身その体験があるのなら、一度それを書いてみたらどうだろう。
 動物に西洋風の名まえをつけるより、そのままのほうがよかったし、物語全体を主人公の思い出話にしてしまうのは、作品の緊迫感を失わせる結果になる。
  • (特別審査委員 那須正幹先生)
 愛嬌のある動物たちが魅力的で、少年との交流や美しい自然描写にも心をあたたかくさせられた。ただ、その長所の部分が作品の背景におかれた原発などの社会的な問題と不調和をきたしており、違和感を抱く声も多かった。無理に大きなテーマを背負わせず、母親との心理的距離の問題やいじめなど、主人公に身近なところに主眼をおくと、共感しやすい作品になるのではないだろうか。ファンタジーの設定ももう少し目新しさを加えていただけるとよい。
  • (選考委員一同)

選考経過

応募総数207編。

1次選考の結果、以下の11編が2次選考に進みました。

タイトル名 著者名 2次選考通過
夏空の羅針盤(コンパス) このゑなおる
ミーツ!! 麻野ヨウ
あぶらボールしっけボール 大山きいろ
少年探偵団ST5対怪盗ジグソーJr まさてる
ぼくとアヒルの終わらないミステリー ブロッコリー
ラスト・コール 船郷計治
うたう森~終わりある世界に甘いのが好きなんだよとふわふわは言った~ けいまさこ
カメムシマン 中川鈴野
ライラックのワンピース 小川雅子
君の涙を拾いに来た 花見英
ホームグラウンド 中浜としゆき

※応募受付順、敬称略

2次選考では、11名の編集者が11編の作品すべてを読んだ上で議論を戦わせ、4編を最終選考に進めることとなりました。
最終選考は、特別審査委員の那須正幹先生及び弊社社長、児童書事業局局長、児童書事業局編集部部長、児童書事業局営業企画部部長、12名の編集者で行いました。

よくあるご質問はこちら
ページトップ