ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

メニューを開く

ポプラズッコケ文学新人賞

第七回

ポプラズッコケ 文学新人賞について

1978年、『ズッコケ三人組』は大きな産声をあげました。

当時、子どもの本は教訓的で、真面目なものが多い時代。

その概念を打ち破り、「寝転んで、ポップコーンを食べている子が、ポップコーンを忘れて読みふけるような、ドキドキ、ハラハラのエンターテインメントを作りたいという、作家の那須正幹先生と編集者のあつい想いが、形となったのが『ズッコケ三人組』でした。

社会的テーマを取り入れつつ、エンターテインメントに徹した物語は、子どもたちの心に深く届きました。以来、「ズッコケ三人組」シリーズは、1巻から50巻まで、子どもたちの絶大なる支持を受け、累計2300万部のベストセラーとなりました。

2008年、『ズッコケ三人組』に続く子どものための新しい作品を見つけるために「ポプラズッコケ文学賞」を設けてはどうかと、那須先生からご提案をいただきました。これまで3回にわたって実施し、たくさんのご応募のなかから、数々の優秀な才能を発掘することができました。

そして、次回の開催を準備するにあたり、さらに那須先生より、「より多くの人が構えずに作品を投稿できるように、ズッコケ文学賞というより、『ズッコケ新人賞』という形にしてはどうか」というご提案を再びいただきました。社内で協議いたしました結果、那須先生のご提案通り、このたび新たに「ポプラズッコケ文学新人賞」として発足させることにいたしました。ポプラ社は、才能ある新人がはばたく窓口となるこの賞を、大切に育てていきたいと考えております。

「ズッコケ新人賞」は、『ズッコケ三人組』のように、子どもが選び、子ども自身が本当に読みたいと思える作品、今を生きる子どもたちが「お腹を抱えて、笑い、そして心から泣ける」エンターテインメント文学を、まだデビューしていない作家志望の皆さまから幅広く募集します。光りかがやくフレッシュな才能を、心よりお待ちしております!

応募の決まり

対象 小学校中・高学年~中学生が夢中になれる、エンターテインメント小説を求めます。
日本語で書かれた自作の未発表作品に限ります(商業出版を目的としない同人誌での発表は原則可としますが、別紙にその旨記入してください)。
原稿枚数 400字詰め原稿用紙換算100枚~300枚。
ワープロ、パソコン原稿の場合は、A4判の用紙を横置きにし縦書きで印字してください。
推奨文字組みは、1枚あたり35字×35行です。目安としてお考え下さい。
原稿には必ずページナンバーを入れてください。
フォーマット 一枚目にタイトル、氏名または筆名(フリガナ)、400字詰め原稿用紙換算枚数を書いた用紙をつけ、本文の前に原稿用紙1~2枚程度の内容紹介を添付。
別紙にタイトル、氏名(フリガナ)、筆名(フリガナ)、性別、職業、年齢、生年月日(西暦)、略歴、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスを明記し、作品と一緒に綴じず、同封して下さい。
応募資格 新人に限ります(過去に作品を出版していない方。複数著者による短篇集の1篇の場合は応募可)
選考 編集部にて審査/特別審査委員に那須正幹先生
大賞1編  賞金 100万円
※大賞受賞作品はポプラ社より刊行(選考状況に応じて、優秀賞・奨励賞・審査員賞などを設定する場合があります)
締め切り 2017年2月28日(当日消印有効)
発表 2017年7月末
受賞者への通知、及びポプラ社ホームページにて発表
諸権利ほか 受賞作品の出版権及び映像化等の2次的利用の権利は、ポプラ社に帰属します。
出版に際しては、別途指定の金額を印税として支払います。受賞者とは一定期間専属契約を結ばせていただきます。
注意点 応募原稿はいかなる場合にも返却しません。必ずコピーをお取りください。
他の文学賞との二重投稿は失格とします。
審査に関するお問い合わせには一切応じられません。
応募先 〒160-8565 東京都新宿区大京町22-1ポプラ社内「ポプラズッコケ文学新人賞事務局」
※応募された方の個人情報は適正に管理し、本文学賞以外の目的に利用することはありません。

※応募された方の個人情報は適正に管理し、ポプラズッコケ文学新人賞以外の目的に利用することはありません。

よくあるご質問はこちら
ページトップ