ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く

企業理念・社長メッセージ

企業理念

私たちポプラ社は、こどもと昔こどもだったすべての人の健全な心の成長を願って、夢と感動を与える「本」をつくり、心豊かに生きる社会の発展に貢献します。

ポプラ社

ポプラ社は、戦後間もない1947年の創業以来、文字、活字の力によって人の心を耕しつづける出版業を生業としてきました。特に児童書専門の出版社として出発したポプラ社は、新しい時代を担うこどもたちのために、人生の糧となるような良質の本を送りとどけることで世の中に貢献し、企業としての使命を果たしてきました。
夢や希望、感動にあふれた本の出版を通じて、人の心のすこやかな成長に寄与したい。
心身ともに成長過程の少年少女向け出版物のみならず、老若男女を対象とした幅広い出版に事業を拡大した現在も、その精神は、変わりません。

ポプラ社の企業理念には、次のような思いがこめられています。

「私たちポプラ社」の志は、ひとつです。
「こども」も、「昔こどもだったすべての人」も、人の心は生涯、成長をつづけます。
私たちは、あらゆる人々の精神を尊重し、人を貶めず、思いやりを決して忘れず、すべての人の「健全な心の成長」を願って、本をつくっていきたい。
こどもたちの知的好奇心に応える本、だれもが心躍らせるような娯楽性豊かな本、お年寄りが笑顔で生きる希望を語れる本。
私たちは、そんな素晴らしい本をつくることで、すべての人に「夢と感動」を与えたい。 「本」は、言葉や絵によって人に思いを伝える強い力を持っています。
私たちは「本」の力を信じ、私たちのつくりだす「本」の力によって、人と人とが心から信頼しあい、喜びあえる、そんな「心豊かに生きる」社会の発展に貢献したい。

社長メッセージ

長谷川 均

「本」を子どもたちの「生きる力」に。

わたしたちは、ひとが生きている限り常に状況が変化することを知っています。人生は楽あれば苦ありということも知っています。だからこそ、こどもたちに、変化に対応する柔軟さと困難に立ち向かう勇気を持って欲しい、強く生きて欲しいと願います。と同時に、他人の痛みを理解し思いやる気持ちを大切にして欲しい、美しく生きて欲しいと願います。

コンピュータ技術の進歩により機械ができることがどんどん増えていますが、状況の変化に柔軟に対応し工夫や発明によって困難に立ち向かったり、多様な価値観を理解し相手を尊重しようとすることは人間にしかできないことなのではないでしょうか。この人間にしかできないことは、「強く生きる力」「美しく生きる力」と言い換えることもできます。これらの力は経験や人との関わりの中で培われます。

わたしたちは本の中で様々な体験をすることによって、知識を得、共感する力や考える力を育んできました。あっと驚くしかけ、手に汗握るストーリー、新しい発見の数々。誰でも夢中になってページをめくった本があります。その一冊一冊が人生の糧となり、心を磨く石となっているはずです。文字や絵によって大切なことを表現することや、それを読んで意味や感情を理解することは、強く生きる力や美しく生きる力を育むうえで欠かせないものであると信じます。生活の様子が大きく変化している今だからこそ、本を読むという文化を大切に受け継いでいきたいと願ってやみません。

私たちポプラ社は、こどもと昔こどもだったすべての人が読書によって人生を豊かにするお役に立てるよう、これからも良質な「本」を刊行するだけでなく、よい本と出会う接点を増やすための活動を積極的に行ってまいりたいと思います。

  • 株式会社ポプラ社
  • 代表取締役社長 長谷川 均
ポププラララ ポプラ社70th

出会った瞬間、「ポ」とときめく。思わず「ププ」っと吹き出してしまう。よんだあと、こころが「ラララ」とうたってる。そんな本を、これからもみんなに。ポプラ社はつづけていきます。「ポ」や「ププ」や「ラララ」な本づくりを。本も人生も、誰かに押し付けられるのではなく、みずから次のページをめくっていくものだから。

ページトップ