ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

メニューを開く

企業理念・社長メッセージ

企業理念

私たちポプラ社は、こどもと昔こどもだったすべての人の健全な心の成長を願って、夢と感動を与える「本」をつくり、心豊かに生きる社会の発展に貢献します。

ポプラ社

ポプラ社は、戦後間もない1947年の創業以来、文字、活字の力によって人の心を耕しつづける出版業を生業としてきました。特に児童書専門の出版社として出発したポプラ社は、新しい時代を担うこどもたちのために、人生の糧となるような良質の本を送りとどけることで世の中に貢献し、企業としての使命を果たしてきました。
夢や希望、感動にあふれた本の出版を通じて、人の心のすこやかな成長に寄与したい。
心身ともに成長過程の少年少女向け出版物のみならず、老若男女を対象とした幅広い出版に事業を拡大した現在も、その精神は、変わりません。

ポプラ社の企業理念には、次のような思いがこめられています。

「私たちポプラ社」の志は、ひとつです。
「こども」も、「昔こどもだったすべての人」も、人の心は生涯、成長をつづけます。
私たちは、あらゆる人々の精神を尊重し、人を貶めず、思いやりを決して忘れず、すべての人の「健全な心の成長」を願って、本をつくっていきたい。
こどもたちの知的好奇心に応える本、だれもが心躍らせるような娯楽性豊かな本、お年寄りが笑顔で生きる希望を語れる本。
私たちは、そんな素晴らしい本をつくることで、すべての人に「夢と感動」を与えたい。 「本」は、言葉や絵によって人に思いを伝える強い力を持っています。
私たちは「本」の力を信じ、私たちのつくりだす「本」の力によって、人と人とが心から信頼しあい、喜びあえる、そんな「心豊かに生きる」社会の発展に貢献したい。

社長メッセージ

長谷川 均

ポプラ社は今年創業70年を迎えます。

弊社は、戦後間もない1947年の創業以来、文字、活字の力によって人の心を耕しつづける出版業を生業としてきました。誰でも幼い頃に夢中になった本があるはずです。そのときのドキドキやワクワクはやがて、他人を思いやる心、困難に立ち向かう勇気、よく考える知恵となり、人生を楽しむ強い力を育んでくれました。新しい時代を担う子どもたちのために、夢や希望、感動にあふれた本の出版を通じて、人の心のすこやかな成長に寄与したい。児童向けから始まり、老若男女を対象とした幅広い出版に事業を拡大した現在も、その精神は、変わりません。

人生にとってなくてはならない「本を読むという文化」を次代に継承するためには、本と触れ合う場所や機会をもっともっと充実させることが大切であると考えます。そしてそのために、ポプラ社ができることがたくさん「ある」と信じます。子どもたちと、かつて子どもだったすべての人たちがますます本の世界に夢中になる。創業70年となる本年は、この夢の実現に向けて新しい道を切り開く画期的な年にしたいと思います。

本年も何卒ご支援たまわりますようお願い申し上げます。

  • 株式会社ポプラ社
  • 代表取締役社長 長谷川 均
ポププラララ ポプラ社70th

出会った瞬間、「ポ」とときめく。思わず「ププ」っと吹き出してしまう。よんだあと、こころが「ラララ」とうたってる。そんな本を、これからもみんなに。ポプラ社はつづけていきます。「ポ」や「ププ」や「ラララ」な本づくりを。本も人生も、誰かに押し付けられるのではなく、みずから次のページをめくっていくものだから。おかげさまで、ポプラ社は70周年を迎えました。

ページトップ