• 会社情報
  • 採用情報
  • 著作物の使用
  • お問い合わせ一覧
検索 メニュー
  • こどもっとラボ
  • 幼稚園・保育園の方へ
  • 書店の方へ
  • カスタム出版
  • キャラクタービジネス
  • FOREIGN RIGHTS
本をさがす
この条件で検索する
  • 詳細検索はこちら
  • 図書館・学校向け検索はこちら
    図書館や学校で役立つ学習セットや読み物・絵本セットの検索ができます。N.D.C.分類を指定して検索することもできます。
サイト内検索
ポプラ社公式アカウント
ポプラ社公式Facebook
ポプラ社公式Instagram
ポプラ社公式Twitter
ポプラ社公式YouTube
ポプラ社公式note
一覧

ポプラ社小説新人賞

第3回

受賞作品

第3回ポプラ社小説新人賞

第3回ポプラ社小説新人賞は、623通のご応募をいただきました。
一次選考では25篇、二次選考では12編が選ばれました。そして三次選考を経て、最終候補5篇を決定し、下記の作品が特別賞の受賞となりました。

受賞作(特別賞)
『日乃出が走る――浜風屋菓子話』中島久枝

最終選考作品

  • 『デンジャラス・アイドル』英雄飛
  • 『日乃出が走る――浜風屋菓子話』中島久枝
  • 『私の願いの向こう側』小湊さよこ
  • 『ユウはユーフォーのユウ!』小鈴危一
  • 『清安寺流便利屋帳』逢坂結季

講評

全体講評

第3回ポプラ社小説新人賞には、623作のご応募をいただきました。
一次選考では25篇、二次選考では12作品が選ばれました。
その後三次選考を経て最終候補作として下記の5作品を決定しました。

今回の最終候補作には、バラエティに富んだ作品が揃いました。選考会には計7名の選考担当者が臨み、作品についてさまざまな意見を交わしました。残念ながら新人賞に至る作品はありませんでしたが、今後書籍化を見込める作品として『日乃出が走る──浜風屋菓子話』が特別賞受賞となりました。
詳しくは、各作品の講評をご覧ください。

同時に第4回ポプラ社小説新人賞の募集を開始いたします。
新しい才能に出会えることを期待し、みなさまのご応募をお待ちしております。

  • ポプラ社小説新人賞事務局
  • 吉田元子
  • 2013年12月20日

最終候補作品講評

特別賞『日乃出が走る──浜風屋菓子話』中島久枝
明治初め、日本橋の大店だった菓子屋の16歳の娘が、家宝を取り戻し、店を再建すべく奔走する。ひとりの少女の成長物語であり、日本の大きな転換期に生きた人々の物語。
限られた物しかない時代の「お菓子」が、今以上に魅力的に見える。タイムリミットを設定し、「あと○日」とそれを意識させる構成にも、読者を飽きさせない工夫が感じられた。
登場人物の設定も秀逸だが、この設定であれば、エピソードの描き方によってさらに物語を盛り上げられたと考えられ、新人賞ではなく特別賞の受賞となった。
『ユウはユーフォーのユウ!』小鈴危一
オカルト好きと見せかけて実は懐疑論者の女子高生と、寺の息子である主人公が、身の回りに起こるさまざまな超常現象を解明しながら自分や周囲の人々を次第に理解していく姿を描いた青春小説。
興味をもたせる話運びをはじめ、全体の評価は比較的高めだったが、一方で物語の核がぼんやりしているとの指摘もあった。オカルトネタを除いたストーリー部分の厚みを増す必要もあり、惜しくも賞を逃した。
『清安寺流便利屋帳』逢坂結季
住職の父が失踪した寺で兄と暮らす女子高生が、兄が突然始めた便利屋稼業に巻き込まれる形で事件に遭遇していく。
設定や人物造形など、評価されたところもあったが、最終的に事件の関係者がすべてつながっているのがあまりに都合がよすぎ、世界に広がりがないことが難点とされた。家族の過去がもっと描けていれば奥行きが生まれたのではないかとの指摘もあった。
『私の願いの向こう側』小湊さよこ
失恋して落ち込む29歳の女子派遣社員の主人公が、突然届いた正体不明の生命体「まごへい」と不思議な共同生活を始める。自己肯定感が持てず、自分の殻に閉じこもっていた主人公だったが、「まごへい」の世話をきっかけに少しずつ変わっていく。
荒唐無稽な設定だが、「まごへい」の描写が愛らしく、その点の評価は高かった。ストーリーの流れはよくある話ではあるものの、そのプロセスが自然に描かれている。ただし全体が小さくまとまりすぎており、受賞対象とはならなかった。
『デンジャラス・アイドル』英雄飛
大人気のアイドルグループを対象に公安警察が捜査をする物語。
シチュエーションとキャラクターを手際よく紹介しながら進んでいき、スピード感があって読みやすい。単純な面白さ、笑えるという点では最終候補作中でも一番だったが、会話のみで進める箇所が多く、全体として勢いで乗り切ってしまっていて、物語にももう少し工夫が欲しかったため、賞には至らなかった。

選考経過

1次・2次選考経過

第3回ポプラ社小説新人賞 一次・二次選考通過作品発表
第3回ポプラ社小説新人賞は、623通のご応募をいただき、下記の25篇が1次選考を、うち12篇が2次選考を通過いたしました。

タイトル名著者名2次選考通過
死立て屋齋藤望
デンジャラス・アイドル英雄飛
オリーブ物語奈良美はしる
柿色の茶碗森野木菟
民間校長 井坂明良齋藤浩
海賊の見た夢エイミ美緒
シンボル――またくる明日へ――かつみゆりこ
学校のうさぎをさがしています島岡桂子
日乃出が走る――浜風屋菓子話中島久枝
私の願いの向こう側小湊さよこ
千歳宮守草紙藤上祐
お年寄りに国をお譲り下さいいろは
赤い葉の行方赤柴宙
春の雨のあまいゆめ空谷春仁
ユウはユーフォーのユウ!小鈴危一
サークルライフ桃太朗
なんてん、木野花
照葉樹林の守人遠野有人
アッシュ・ウェンズデイ都波ミナト
幻妖怪盗夏月七葉
テイルズ・オブ・ウォーク中村しげき
アポロシアターへようこそ!森野五暉
エクソダス・ココス稲手玉江
最後のシナリオ田井庸介
清安寺流便利屋帳逢坂結季
よくあるご質問はこちら
ポプラ社公式アカウント
ポプラ社公式Facebook
ポプラ社公式Instagram
ポプラ社公式Twitter
ポプラ社公式YouTube
ポプラ社公式note
一覧

任意のキーワードでお探しの情報を 検索することができます。

サイト内検索

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→https://aebs.or.jp/

ポプラ社
ページトップ