ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く

ポプラ社小説新人賞

第7回

受賞作品

第7回ポプラ社小説新人賞

第7回ポプラ社小説新人賞は、697作のご応募をいただきました。
一次選考では、67作を通過とし、二次選考では14作品に絞り込みました。
そして三次選考を経て最終候補6作品を決定、下記の作品が新人賞の受賞となりました。

受賞作(新人賞)
『跡を消す』 前川ほまれ
受賞作(特別賞)
『「私が笑ったら、死にますから」と、
水品さんは言ったんだ。』 隙名こと

最終選考作品

  • 『ギャルズフェンサー』雛井孝志
  • 『跡を消す』前川ほまれ
  • 『うさぎ探偵シャーロップ』雪白瑚葉
  • 『「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。』隙名こと
  • 『付喪神始末候』吉田杏
  • 『SUGURU』田上雪音

選考経過

1次・2次選考経過

第7回ポプラ社小説新人賞 1次・2次選考通過作品発表
第7回ポプラ社小説新人賞は、697通のご応募をいただき、下記の67篇が1次選考を、うち14篇が2次選考を通過いたしました。

タイトル名著者名2次選考通過
オヤジのいた家外都ユウマ
ギャルズフェンサー雛井孝志
跡を消す前川ほまれ
闇の中の探偵名井陽
白ケチ×黒ケチ鹿古チイタ
ブラッディ・ハンマー影山郁二郎
やすけでん中野貴宇宙
ドリーム・ランド宇野明信
うさぎ探偵シャーロップ雪白瑚葉
パラシュートの夏吉田隆之
キャップのふちに手をかけて ぼくとマチュピチュは走り始めた河内美穂
GO! LADY GO!早川竜也
満ちるみくりや佐代子
小石の歌村崎えん
婿とり狂想曲水野明日香
硝子の海里谷沙映
「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。隙名こと
ふくのかいおしろかおる
笑って村山小弓
みんなと猫の二階の止まり木伊波晋
sweet my home古川倫子
付喪神始末候吉田杏
裁く女三好なつ彦
ホイールドリーマー織部俊輔
ホトトギスの鳴く浅宮葉生
戻らない夏桃太朗
銀盤少女が笑ってる石川めぐみ
野蛮人の飲んだクスリ北村悠生
祥子の球譜たかいちめい
白のタピオカ真月真珠
狂人たちの宴花紋瑶
お助けマン結城智
光の中で岡部裕子
ナイカン遠野有人
彷徨の砂漠熊谷勲
悪党~忠鬼~寺山瑞鳳
妖怪ハラスメント株式会社ハナ予十愛
えさそいや三上幸丸
ブルースウィートハニーシュガー渡邊正規
SUGURU田上雪音
両替屋伊蔵事件控え尾川一城
アーク第三ビルヂング山野ねこ
永遠の華さとう理乃
革命幻想紙島創
記憶代理人園田新
てふてふや文月瑞姫
嘆眼少女澄夜化ける
八百比丘尼、人魚を食べた問乃みさき
喇叭吹きのボイジャー日野行緒
いつか森になる荒野栄理灯
我が家のディナー北松聖司
旅打ち追走曲志津利之助
あの娘に一票!酒本歩
この星を愛してるカイト
パンケーキ葉宮英
ポリゴンの裂け目日夏梢
二人(ダブルス)長谷一馬
dancin,in the rain雪松聰
無味への沈溺駒喜多徹也
もっとはなして松崎スイ
金田金男佐々木悠
No-handed蓬葉虫
グリーンカーテンの町鴫原慎一
光の蝶は導く澤ちひろ
乙女なネコの流線形モーヒック
聖エルモの兄妹石田将也
ごはさんで願いましては八田我名

応募の決まり

第7回ポプラ社小説新人賞 作品募集
あなたの〝面白い〟を届けてください。

ポプラ社小説新人賞は今年で第7回を迎えます。
前身のポプラ社小説大賞を含めると、小川糸さん、伊吹有喜さん、向井湘吾さん、寺地はるなさんなど、多くの作家の方々がデビューされてきました。

以前より続く、弊社の新人賞の特徴は、編集部にて審査を行うということです。
一人の読者として、純粋に〝面白い〟と思い、一人の編集者として、最高の一作をともに作り上げたい、と願う作品を選びます。
皆さんの思う〝面白さ〟が凝縮された作品を、編集部一同心よりお待ちしております。

対象 エンターテインメント小説を求めます。
ジャンルは問いません。
日本語で書かれた自作の未発表作品に限ります。
原稿枚数 400字詰め原稿用紙換算200枚~500枚。
手書き原稿は不可とします。
ワープロ、パソコンなどで、A4判の用紙を横置きにし、1枚あたり40字×35行にて縦書きで印字してください。また、必ず通し番号を入れてください。
フォーマット 1枚目にタイトル、氏名または筆名(フリガナ)、400字詰め原稿用紙換算枚数をお書きください。
2枚目以降に内容紹介(原稿用紙1-2枚程度)を書き、本文の前に添付してください。
別紙にタイトル、氏名(フリガナ)、筆名(フリガナ)、性別、職業、年齢、略歴、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、この賞を何で知ったか、を必ず明記し、作品と一緒に綴じず、同封してください。
選考 編集部にて審査
新人賞 正賞記念品  副賞200万円
※入賞作品はポプラ社より刊行
締め切り 2017年6月30日(当日消印有効)
今年の募集は終了しました
発表 2017年12月8日(ポプラ社ホームページおよびポプラ社発行PR小説誌「asta*」にて)
諸権利ほか 入賞作品の出版権及び二次(的)利用の諸権利は弊社に帰属します。出版の際には規定の印税が支払われます。
注意点 応募原稿はいかなる場合にも返却しません。
必ずコピーをお取りください。
他の文学賞との二重投稿は失格とします。
審査に関するお問い合わせには一切応じられません。
応募先 〒160-8565 東京都新宿区大京町22-1
ポプラ社内「ポプラ社小説新人賞事務局」

※応募された方の個人情報は適正に管理し、本小説新人賞以外の目的に利用することはありません。

よくあるご質問はこちら
ページトップ