ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
夏空に、かんたーた

ノベルズ・エクスプレス(33)

夏空に、かんたーた

第6回ポプラズッコケ文学新人賞大賞受賞作。地元の小さな合唱団「かんたーた」で歌う少女を主人公にした、歌声の聴こえる物語。

発売年月2017年6月
ISBN978-4-591-15478-6
判型B6判
サイズ189mm x 135mm
ページ数229ページ
主な対象年齢・学年小5 小6 
本の種類児童向け単行本 
ジャンル児童読み物(国内) 
定価1,404円(本体1,300円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

2016年の第6回ポプラズッコケ文学新人賞大賞受賞作。
那須先生選評より「運動競技や各種のコンクール出場を描いた作品は珍しくないし、結末も優勝か敗退の二つしかないので、結末に至るプロセスや登場人物の描き方が、作者の腕の振るいどころだろう。あるいは競技種目の魅力を読者に共有させることが重要になってくる。合唱部仲間の奏太や七瀬が良い味を出しているし、レッスンの指導を引き受けてくれる叔父の慎治が興味深く描かれているところを評価し、今回の賞に推薦した。(中略)ズッコケ文学賞は、子どもたちの自主性と行動力を描いた作品に授与されるべきだと考えているので、その点でもふさわしい作品だったと思っている」。
物語は小学6年のかのんが主人公。かのんは、地元の小さな子ども合唱団「かんたーた」でメゾソプラノを担当して歌っている。小さな頃しか会ったことはないけれど、大好きなおじさんはイタリアのプロのオペラ歌手。おじさんに肩車されてのびやかな歌声を聴いたことを、ついこの間のことのように覚えてる…。
でも! そんなかのんの前に現れたのは、趣味のあまりよくないスカートをはいて古いアイドルの歌を声を枯らして歌うおじさんだった! そして、合唱団「かんたーた」にも指導者の先生が緊急入院の危機に面して…。

この本をシェア

おすすめのトピックス

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。