サイト内検索
メニューを開く
戦国人物伝 立花宗茂

コミック版 日本の歴史(68)

戦国人物伝 立花宗茂

立花宗茂は、関ヶ原の合戦で徳川家康に背きながらも、家康に請われて大坂の陣で活躍し、再び大名となる。西国無双の武将の生涯!

発売年月2019年2月
ISBN978-4-591-16137-1
判型A5判
サイズ217mm x 154mm
ページ数127ページ
主な対象年齢・学年小3 小4 
本の種類学習まんが 
ジャンル伝記 
教科社会科 
定価1,080円(本体1,000円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

群雄割拠する戦国時代に、戦において一度も破られた事のない、生涯不敗の武将。豊臣秀吉が「西国無双」と称え、徳川家康が恐れたその武将こそが、立花宗茂。知る人ぞ知る九州の雄です。
九州6カ国を支配したキリシタン大名・大友宗麟に仕えた宗茂ですが、天下人となった豊臣秀吉が九州を平定すると、秀吉の直臣に取り立てられます。当時の宗茂は、まだ二十歳ほど。それでも、宗茂の武勇はすでに知れわたっていたのです。秀吉の命による朝鮮出兵でも獅子奮迅の働きをし、ますます名声を高めた宗茂。全国の大名が豊臣方(西軍)と徳川方(東軍)に分かれて戦った「天下分け目」の関ヶ原の合戦では、東西両陣営が宗茂を味方につけるべく躍起になりました。結果、西軍が敗北したこの合戦で、豊臣家への義理を重んじ西軍についた宗茂は、改易処分に。しかし、その武勇を知る徳川家康が、敵将であった宗茂に再び大名としての道をひらくのです。
戦国時代には様々な英雄・豪傑が登場しますが、宗茂ほど波乱に満ちた生涯をおくった武将も珍しいのではないでしょうか。本作では、そんな宗茂の生涯を、読みやすい漫画で鮮やかに描き出しました。歴史ファンにはおなじみの義父・立花道雪や妻・立花?千代も、もちろん大活躍。歴史作家の加来耕三氏が企画・構成・監修を務めるこのシリーズ、本格的な時代考証に基づきながら、ドラマチックな物語が楽しめます。
巻末には、宗茂をよく知るための解説や豆知識、年表も収録。歴史学習の入門書としても、ぜひ手に取ってほしい一冊です。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。