サイト内検索
メニューを開く
([あ]8−1)鹿乃江さんの左手

ポプラ文庫 日本文学(226)

([あ]8−1)鹿乃江さんの左手

鹿乃江さんなんて、いなくなってしまえばいいのに。選考委員全員が絶賛した、ポプラ社小説新人賞・特別賞受賞作。

発売年月2013年10月
ISBN978-4-591-13622-5
判型文庫判
サイズ151mm x 105mm
ページ数327ページ
主な対象年齢・学年高校 一般 
本の種類文庫 
ジャンル小説・文芸 
定価704円(本体640円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

電子書籍情報

配信開始日 2017年02月03日(金)

書籍の内容

ある女子校で起こる“不思議で残酷な出来事”を描く3つの連作短編集。「この学校には魔女が棲んでいて、どんな願いごとも一つだけ叶えてくれる」という噂。絵空事と思っていた生徒の前に、ある日魔女を名乗る女性が現れて……(「からくさ萌ゆる」)。選考委員全員が絶賛した才能。第2回ポプラ社小説新人賞・特別賞受賞作。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。