サイト内検索
メニューを開く
オバケはあの子の中にいる!

ホオズキくんのオバケ事件簿(2)

オバケはあの子の中にいる!

ミナコちゃんとそっくりのコナミちゃんの正体は!? オバケが見える京十郎と、同級生の真先は調査をたのまれるが……?

発売年月2019年10月
ISBN978-4-591-16392-4
判型A5変型判
サイズ207mm x 154mm
ページ数126ページ
主な対象年齢・学年小3 小4 
本の種類児童向け単行本 
ジャンル児童読み物(国内) 
定価1,100円(本体1,000円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

4年生の新学期、真先(まさき)のクラスにやってきたのは、鬼灯(ほおずき)京十郎という、かわった名前の男子だった。ぶあいそうで感じの悪い京十郎だが、鬼灯家が代だいオバケが見える家系だというひみつを真先に知らせる。
そして、数週間すぎたある日、真先は、同級生のチヒロから「ミナコちゃんがふたりいるの! ホオズキくんにたのんで、調べて!」とたのまれる。チヒロと京十郎は親どうしがおさななじみで、オバケが見える鬼灯家のひみつを知っていたのだ。
チヒロがミナコたちに会ったという公園にいった京十郎と真先は、ミナコとその友だちのコナミに会う。ふたりは、にているのを通りこして、まったく同じ姿をしていた! 京十郎は、ミナコがあるオバケにとりつかれていることを見ぬくが……。
★「内科・オバケ科 鬼灯医院」シリーズ(全7巻・2006年〜2011年刊)完結後、読者のあついリクエストにこたえて誕生した新シリーズ。
オバケ科の名医・鬼灯京十郎先生の子ども時代を、クラスメートの少年、橋本真先の視点から描く。京十郎と真先がオバケが引きおこす事件に立ち向かい、なぞを解く、ミステリアスかつユーモラスな物語。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。