ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
まいにち哲学

一般書(168)

まいにち哲学

人生を豊かにすることば

日々の悩みや葛藤に向き合うヒントになるような哲学者のことばを1月から12月まで366日分収録した「お守り」のような1冊。

発売年月2017年11月
ISBN978-4-591-15630-8
判型四六変型判
ページ数399ページ
主な対象年齢・学年高校 一般 シニア 
本の種類単行本 
ジャンルエッセイ ビジネス 自己啓発 知識・教養 
定価1,620円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

ニーチェ「勇気は、最高の殺し屋だ」
アラン「成功したから満足するのではない。満足していたから成功したのだ」
フランクル「生きることに意味があるなら、苦悩することにも意味があります」
三木清「旅において出会うのはつねに自分自身である」
フロム「一人でいられる能力こそ、愛する能力の前提条件なのだ」

■頁をめくるたびに、新しい哲学(ことば)との出会いがある。
毎日、何のために頑張っているんだろう。私の人生これでいいのかな。この人とこの先うまくやっていけるんだろうか。
本書には、私たちが日々、直面する悩みや葛藤に向き合うヒントになるような哲学者たちの格言を、1月から12月まで366日分収録しています。哲学者の教えをより深く味わうための解説も充実。職場のデスク、寝室の枕もと、バッグの中……いつもそばに置きたい「お守り」のような1冊です。
まいにち哲学にふれて、人生を豊かにしてください。

■目次
序文/本書に登場する哲学者たち
1月 決断 ― あれか、これか。どちらでもないか。
2月 自分 ― 近すぎて、わからないことばかり。
3月 人生 ― 後ろ向きに理解し、前を向いて進む。
4月 他者 ― 大切だけど、いつもは向き合えない。
5月 仕事 ― ないと不安、ありすぎると不満。
6月 憂鬱 ― 不幸せの蜜は、やみつきになる。
7月 幸福 ― 遠くを探す、いつも近くで見つかる。
8月 自由 ― 何をするか、何をしないか。
9月 欲望 ― 悩みの種は、エネルギーの種。
10月 恋愛 ― 喜びが胸に満ちあふれ、心は乱れる。
11月 孤独 ― 自由の成果、自由の代償。
12月 時間 ― 立ちどまっても、過ぎていく。
索引/参考文献一覧 

■著者プロフィール
1985年2月12日京都府京都市出身。哲学の道のそばで育ち、高校生時代、哲学書に出会い感銘を受ける。大学在学時よりおこなってきた芸能活動を経て、現在は作家・哲学ナビゲーターとして活動。オンラインサロン「この哲学がスゴい!〜ケンカしない哲学交流ラウンジ〜」(DMMLounge)主宰。2017年4月にゲーム・マンガ原作制作会社「noexit(ノイグジット)」を設立。著書に『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)、『ニーチェが京都にやってきて、
17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)、『哲学手帳』(扶桑社)がある。

この本をシェア

おすすめの書籍

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。