サイト内検索
メニューを開く
ラスト・ソング

一般書(975)

ラスト・ソング

人生の最期に聴く音楽

音楽療法士がアメリカのホスピスで出会った10人の物語。“千の風になって”“Love Me Tender”など名曲とともに紡がれる物語は感涙必死!

発売年月2014年12月
ISBN978-4-591-14215-8
判型その他
サイズ188mm x 123mm
ページ数223ページ
主な対象年齢・学年高校 一般 シニア 
本の種類単行本 
ジャンルノンフィクション エッセイ 自己啓発 
定価1,296円(本体1,200円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

電子書籍情報

配信開始日 2016年01月29日(金)

書籍の内容

あなたには、
人生の最期に聴きたい音楽がありますか?

ホスピスで1200人以上の患者さんを看取ってきた、
米国認定音楽療法士が語る感動のノンフィクションが誕生!

◆患者さんとの思い出の曲を軸に紡がれる物語

心あたたまる珠玉のエピソードを10篇収録。

♪言葉にできない想い ― ?Love Me Tender?
 度重なる脳卒中が原因で言葉を失ってしまったマイク。
 もう二度と、愛する妻に自分の想いを自分の言葉で伝えることができなくなった彼が望んだこと。
 それは、「自分の代わりに妻に歌をうたってほしい」
 ―そして、愛の歌が届いたとき、彼に小さな奇跡が訪れる。

♪死という鏡 ― ?千の風になって?
 「この病気に感謝してるんだ」 
 ALSという難病に苦しみながらもスティーブは言った。
 家庭を顧みず、仕事一筋で生きてきた彼が最期に気づいた、
 「人生で最も大切なこと」とは?

♪生きるということ ― ?花〜すべての人の心に花を〜?
 心臓病とうつ病に悩み、家族とさえ口をきかなくなってしまった時子さん。
 実は彼女は沖縄戦の生き残りだった。
 戦争というつらく悲しい過去にとらわれ、
 心を閉ざしてしまった彼女の心を解きほぐしたものとは一体? 
 「生きる意味」を問う、感動の物語。

◆聴覚は最期まで残る?

意識不明の患者さんにも、聴覚だけは残るということを知っていましたか?
末期の患者さん、残されるご家族のために思い出の音楽を届けることで、
悔いなく最期を迎え、言えなかった思いを打ち明けるきっかけになるのです。
最期まで音楽は届く、だからこそ音楽療法にも意義があるのです。

この本をシェア

おすすめのトピックス

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。