サイト内検索
メニューを開く
(165)家賃滞納という貧困

ポプラ新書(165)

(165)家賃滞納という貧困

朝日新聞やYahoo!ニュースなどで話題の異色の司法書士が18の家賃滞納の実例とともにその驚愕の実態を明かす。

発売年月2019年2月
ISBN978-4-591-16209-5
判型新書判
サイズ173mm x 109mm
ページ数230ページ
主な対象年齢・学年高校 一般 シニア 
本の種類新書 
ジャンル社会問題 
定価880円(本体800円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

電子書籍情報

配信開始日 2019年03月29日(金)

書籍の内容

家賃滞納は、
普通の人が堕ちる
破滅への入り口である。

家賃滞納2200件のリアルな現場から
身近にしのびよる貧困が見えてくる!

朝日新聞やYahoo!ニュースなどで
大きく取り上げられて話題になった
異色の司法書士が18の家賃滞納の実例とともに
その驚愕の実態を初めて明かす。

家賃は、スマホ、電気・ガスの支払いや借金の返済に比べると、
優先順位が低くなりがちなため、
一度家賃滞納をしてしまうと
引き返せない貧困への第一歩となってしまう。

つまり、家賃滞納の現場には、
貧困に陥らないための教訓も隠されている。

また、現在、保証人の7割を占める家賃保証会社は、
監督官庁がなく、その実態どころか企業数すらわからず、闇も多い。
その実態も明かされる。

(内容より)
●大手建設会社の一級建築士はなぜ家賃滞納に陥ったのか
●「家賃は手取りの3分の1」はナンセンス
●連帯保証人を家族に頼めないさまざまな事情
●家賃保証会社の知られざる実態
●ネグレクト、引きこもり、貧困ビジネス…家賃滞納の裏側
●親の離婚で始まる子どもの家賃返済地獄
……

(構成)
序章 家賃を滞納すると何が起こる?
第1章 誰もが「紙一重」の家賃滞納
第2章 そこにあるのは「甘え」なのか
第3章 家賃滞納の知られざる闇
第4章 家賃滞納が映し出すシングルマザーの実態
第5章 夢を持てない若者たち
第6章 家賃滞納で露呈する法律の不条理

(前書きより抜粋)
いま賃貸物件の家賃滞納は、
確実に増えていると感じます。
雇用が安定せず、
将来の不安を抱えるなか貯金もままならず、
誰もがほんの僅かなきっかけで家賃を
滞納してしまうのです。

「家賃滞納」は「貧困」の入り口であり、
そのシグナルでもあります。
さらに滞納から始まる貧困は、
決して「他人事」ではなく
「明日は我が身」かもしれないのです。

住まいは、生きる拠り所でもあり、
そこには様々な人間模様があります。
だからこそ家賃滞納という問題の背景には、
一人ひとりの生き方や今この国の抱える闇が
反映されてしまうのです。

誰もが滞納してしまう可能性を秘めている、
その躓きをポイントの異なる18の実例をもとに明かします。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。