サイト内検索
メニューを開く
ル・コルビュジエの建築作品 宗像・沖ノ島 潜伏キリシタン関連遺産

世界に誇る 日本の世界遺産(9)

ル・コルビュジエの建築作品 宗像・沖ノ島 潜伏キリシタン関連遺産

2016〜2018年に登録された日本の世界遺産を、写真付きでわかりやすく紹介します。修学旅行の事前学習などに最適です。

発売年月2019年4月
ISBN978-4-591-16203-3
判型A4変型判
サイズ286mm x 216mm
ページ数39ページ
主な対象年齢・学年小5 小6 中学 
本の種類児童向け単行本 
ジャンル学習 知識・教養 
教科社会科 特別活動 
定価3,135円(本体2,850円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

★2016〜2018年に登録された日本の世界遺産を紹介!
この巻では国立西洋美術館をはじめとした「ル・コルビュジエの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献ー」「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を写真付きで紹介します。一般的な旅行ガイドだけではわかりにくい文化財としての価値を、子どもたちにもわかりやすいように解説。時代や地域と遺産の関連性を理解でき、修学旅行の事前学習資料としても役立ちます。

★掲載している世界遺産

○ル・コルビュジエの建築作品ー近代建築運動への顕著な貢献ー
2016年に登録。近代建築にとって先駆的な役割を果たし、全世界に大きく影響をあたえたということで、東京・上野にある「国立西洋美術館」以外にもフランス、スイス、ベルギーなど計17資産が世界遺産に登録されました。このように大陸をまたがって登録される世界遺産は初めてです。

○「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群
2017年に登録。「神宿る島」として有名な沖ノ島ですが、今では一般人の立ち入りは禁止され、神職だけが立ち入りを許されています。島全体が御神体とされており、沖ノ島自体が宗像大社沖津宮の境内とされているため、入る前には身を清めること、島で見聞きしたことは口外しないこと、一木一草一石たりとも持ちだしてはいけないことなどのおきてがあります。このような伝統を現代まで守り続けた考古学的・民俗学的価値が認められ、九州本土の宗像大社や新原・奴山古墳群とともに世界遺産に登録されました。

○長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
2018年に登録。禁教令できびしい弾圧にあいながらも、およそ250年間表向きには寺や神社に属しつつ密かにキリスト教信仰をつづけ、独自の信仰文化を形成したことが評価され、世界遺産として登録されました。信仰の対象となった「イナッショさま」や日本人により描かれた「ミカエル図」は独特なものなので、一見の価値ありです。
9巻:『ル・コルビュジエの建築作品 宗像・沖ノ島 潜伏キリシタン関連遺産』より
▲9巻:『ル・コルビュジエの建築作品 宗像・沖ノ島 潜伏キリシタン関連遺産』より

9巻:『ル・コルビュジエの建築作品 宗像・沖ノ島 潜伏キリシタン関連遺産』より
▲9巻:『ル・コルビュジエの建築作品 宗像・沖ノ島 潜伏キリシタン関連遺産』より

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。