ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
([ほ]4−1)活版印刷三日月堂 星たちの栞

ポプラ文庫 日本文学(304)

([ほ]4−1)活版印刷三日月堂 星たちの栞

古びた印刷所・三日月堂が営むのは昔ながらの活版印刷。そこには様々な悩みを抱えたお客が訪れる――。感動の連作短編集。

発売年月2016年5月
ISBN978-4-591-15041-2
判型文庫判
サイズ151mm x 105mm
ページ数313ページ
主な対象年齢・学年中学 高校 一般 
本の種類文庫 
ジャンル小説・文芸 
シリーズ活版印刷三日月堂
定価734円(本体680円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

「伝えられていない“言葉”はありませんか――」
発売前から社内外で感涙・絶賛の声、続出!!
優しさと切なさと感動の詰まった、今年一番の自信作!

※レビュー&特別動画が掲載されている特設ページ公開中!
http://www.webasta.jp/serial/review/post-117.php
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<内容>
川越の街の片隅に佇む印刷所・三日月堂。店主が亡くなり、長らく空き家になっていた三日月堂だが、店主の孫娘・弓子が川越に帰ってきたことで営業を再開する。三日月堂が営むのは昔ながらの活版印刷。活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷する。そんな三日月堂には色んな悩みを抱えたお客が訪れ、活字と言葉の温かみによって心が解きほぐされていくのだが、弓子もどうやら事情を抱えているようで――。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<著者プロフィール>
ほしおさなえ
1964年東京都生まれ。作家・詩人。95年『影をめくるとき』が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』にて、第12回鮎川哲也賞最終候補。
著作に『空き家課まぼろし譚』『みずうみの歌』などのほか、「ものだま探偵団」シリーズなど、児童書も手がけている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(感想の声)
<20代男性・編集局>
原稿を読んで、行方知れずの友人に電話をかけた。電話は通じなかった。あの時伝えておけばよかった言葉――そんなことを思い出して、気づいたらぼろぼろ泣いていた。
まだ間に合う人たちがいるなら、ぜひ読んで欲しい。そして伝えて欲しい。そう思った。

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。