ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
猫は笑ってくれない

一般書(214)

猫は笑ってくれない

かつてともに暮らした猫を看病する、元恋人同士の2人。愛猫の看取りを通し、愛の苦みと望みを描く傑作長編。著者初の小説。

発売年月2018年9月
ISBN978-4-591-16004-6
判型四六判
サイズ194mm x 134mm
ページ数191ページ
主な対象年齢・学年高校 一般 シニア 
本の種類単行本 
ジャンル小説・文芸 
定価1,620円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

「喪失を描く」のはありきたりかもしれません。
でも、どうかこの小説を読んでください。
「ありきたりな喪失」なんてひとつもないのです。
――作家 西加奈子

意味のない人生。
思い出に生きようか。
さよならに生きようか。
――俳優 松山ケンイチ

かつてともに暮らした猫を看病する、元恋人同士の2人。
愛猫の看取りを通し、愛の苦みと望みを描く傑作長編。
気鋭の映画脚本家による初の小説。



映画監督の女と、脚本家の男。
自分たちの恋愛は、映画をつくるようにはうまくいかない。

ソンは俺の知らないものを、たくさん持っている。
ソンに言葉があったら、聞きたいことが山ほどあるのだ。
一緒に暮らしていたときの、俺がいない時間の漣子を知っている。
俺と別れて一人になった漣子の隣にいたことがある。
そして宮田さんとの新しい生活を経験している。
それなのに、ソンはすべてを持ったまま、無言でどこかに行こうとしている。
そのうちのひとつでもいいから、知ることができたら。
(本文より)



<著者略歴>
向井康介(むかい・こうすけ)脚本家。1977年徳島県生まれ。大阪芸術大学卒業。脚本を手掛けた作品は、「リンダリンダリンダ」「マイ・バック・ページ」「ふがいない僕は空を見た」「もらとりあむタマ子」「陽だまりの彼女」「ピース オブ ケイク」「聖の青春」など多数。本作が初の長編小説の執筆となる。

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。