ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
万屋大悟のマシュマロな事件簿

一般書(178)

万屋大悟のマシュマロな事件簿

史上最恐の親バカ探偵登場! 「鬼の万屋」の異名を誇った万屋大悟が、愛する娘に近づく有象無象と謎を蹴散らすべく立ち上がる。

発売年月2017年12月
ISBN978-4-591-15688-9
判型四六判
サイズ188mm x 128mm
ページ数327ページ
主な対象年齢・学年中学 高校 一般 
本の種類単行本 
ジャンル小説・文芸 
定価1,512円(本体1,400円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

<内容紹介>
市後市のローカルアイドルグループ「marshmallow15」に脅迫状が送られた。
警護を引き受けたのは、万屋大悟。市内で警備会社を営む社長であり、「marshmallow15」のメンバー・知織の父親でもある。
親バカを発揮して職権を乱用しまくりつつ、様々なトラブルと事件を解決する大悟。年頃の娘とは、ちょっと微妙な距離感を保ちつつ、謎に立ちむかう。
それぞれの事件を通して見えてくる少女達の強い想いと、父娘の絆。そして脅迫状の犯人と驚きの真相とは――!?
ミステリの名手・太田忠司による珠玉の連作ミステリ!

<プロフィール>
太田忠司
1959年愛知県生まれ。81年に「帰郷」で「星新一ショートショート・コンテスト」優秀作を受賞。「少年探偵・狩野俊介」「目白台サイドキック」シリーズほか、『奇談蒐集家』『名古屋駅西 喫茶ユトリロ』『死の天使はドミノを倒す』など著作多数。

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。