ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
改革

一般書(104)

改革

ロンドン五輪後からリオ五輪までの4年間の「井上改革」について記した一冊。停滞する組織の関わる方などにも参考になる一冊です

発売年月2016年12月
ISBN978-4-591-15297-3
判型四六判
サイズ188mm x 129mm
ページ数303ページ
主な対象年齢・学年一般 
本の種類単行本 
ジャンルノンフィクション 
定価1,620円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

2016年8月に開催された「リオ五輪」は、
メダルラッシュにより多くの日本国民を沸かせました。

メダルという意味で、大きく活躍したのは「柔道」です。
柔道はリオ五輪における最多の12個のメダルを獲得、
なかでも男子の「出場7階級の選手全員がメダル」というのは、
1962年の東京五輪以来の快挙(ただし当時の東京五輪は4階級)
ということで、大きな話題になりました。

しかし、柔道男子は4年前のロンドン五輪では、
初の「金メダルゼロ」という、まさにどん底からのスタートでした。

そんなどん底のなかで新監督として就任したのが井上康生監督は、
「日本柔道を復活させる」ために、さまざまな改革に取り組み、
その様子は「日経ビジネス」「クローズアップ現代プラス」など、
さまざまなメディアでも取り上げられました。

本書は、ロンドン五輪後からリオ五輪までの4年間の「井上改革」について記したものです。柔道に関心のある方だけなく、停滞する組織の関わる方などにも参考になる一冊です。

(もくじより抜粋)

第1章/意識改革
・まず「意識」を変える
・「根性論」だけでは強くはなれない など

第2章/メンタル
・「後ろ向きな人」が世界を制す
・前代未聞の「代表選出見送り」で選手の奮起を促す など

第3章/技術・戦略
・「海外に学ぶ必要はない」という内向きの姿勢を捨てる
・強いだけでなく尊敬されて勝つのが「日本柔道」 など

第4章/フィジカル・コンディショニング
・互いを高め合う好循環が「強いチーム」をつくる
・「現代のトラ」を育てる など

第5章/組織
・「率直な意見交換」で強い組織を作る
・チームは「理」だけではまとまらない など

第6章/リーダー
・名コーチは名質問者であれ
・「できる」ことを前提にしない など

第7章/情報と代表選考
・国際合宿は「情報戦」
・まずは「代表に落ちた者」からフォローする など

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。