ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
慈悲と天秤

一般書(730)

慈悲と天秤

死刑囚・小林竜司との対話

死刑囚、小林との対面・文通を重ねてきた著者が、自身の半生を省みながら、死刑適用基準の曖昧さや、真実の贖罪とはなにかについて考察したノンフィクション。

発売年月2011年3月
ISBN978-4-591-12398-0
判型四六判
サイズ194mm x 134mm
ページ数407ページ
主な対象年齢・学年一般 
本の種類単行本 
ジャンルノンフィクション 
定価1,836円(本体1,700円)
ポプラ社在庫情報品切れ

書籍の内容

真実の贖罪とはなにか?
死刑制度の是非をいまいちど問う、渾身のノンフィクション。

【内容】
2006年6月、大阪。小林竜司(事件時21歳)は、旧友の男女関係をめぐるトラブルに端を発した殺人事件で逮捕された。男性2人に集団で凄惨なリンチを加えた挙げ句、生き埋めにして殺害するという残虐な行為。小林は起訴され、主犯格として死刑を宣告される。文通・接見を通じて小林と交流してきた著者は、小林が真摯に罪を認め、犯した行為を深く悔い、被害者や被害者遺族のために死刑を受け容れようとしている姿から、「彼をこのまま死刑に処してよいのか」と考えるようになっていく。人が人を殺めてしまった際、その応報としての死刑が存在する我が国において、真実の贖罪とはなにかを今一度、問い直す。

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。