サイト内検索
メニューを開く
(066)「お迎え」されて人は逝く

ポプラ新書(66)

(066)「お迎え」されて人は逝く

終末期医療と看取りのいま

死の恐怖や痛みと闘う患者に何ができるのか。2500人を看取った医師が「穏やかな死」のプロセスを考える「死の予習」本。

発売年月2015年8月
ISBN978-4-591-14630-9
判型B6変型判
サイズ172mm x 109mm
ページ数198ページ
主な対象年齢・学年一般 シニア 
本の種類新書 
ジャンル知識・教養 
定価858円(本体780円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

死は、けして敗北ではありません。
人生を、医療任せにしてはいけません。
「亡き母が手を握ってくれた」「夫と愛用車でドライブに行った」――これまで幻覚・せん妄として治療対象であった「お迎え」現象が、死生に向き合う貴重な過程として医療現場で注目されている。死を怖れ、痛みとたたかう患者に何ができるのか、緩和ケア医として2500人を看取った医師が終末期医療のあり方、死との向き合い方を問いかける。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。