ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
(P[こ]3−3)一鬼夜行 鬼やらい<下>

ポプラ文庫ピュアフル(109)

(P[こ]3−3)一鬼夜行 鬼やらい<下>

文明開化の東京で、凸凹コンビが繰り広げる人情妖怪譚。大好評を博した『一鬼夜行』第二幕、完結編!【解説/三村美衣】

発売年月2011年6月
ISBN978-4-591-12455-0
判型文庫判
サイズ148mm x 105mm
ページ数260ページ
主な対象年齢・学年中学 高校 一般 シニア 
本の種類文庫 
ジャンル小説・文芸 
シリーズ一鬼夜行
定価648円(本体600円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

「妖怪が、妖怪として、
妖怪のまま
行間を跳梁跋扈する、
正統妖怪小説である。」 
――京極夏彦(帯より)


文明開化の世を賑わす騒動に、
凸凹コンビが挑む――
笑って泣ける人情妖怪譚 第二弾完結!




謎の男・多聞に、硯の精ら付喪神が宿った古道具を売ってしまった喜蔵。
多聞の正体は、体中にある目で他人を操ることができる妖怪・百目鬼だった。
小春から硯の精の悲しくも数奇な過去を聞いた喜蔵は、己のふがいなさを痛感する。
二人は付喪神たちを取り戻すべく、「もののけ道」を通って多聞の屋敷に乗り込むことに――。
文明開化の東京で、凸凹コンビが繰り広げる人情妖怪譚第二幕、完結編! 
〈解説・三村美衣〉

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。