サイト内検索
メニューを開く
(図書館版)教養としての10年代アニメ

ポプラ選書 未来へのトビラ(1)

(図書館版)教養としての10年代アニメ

受講条件は週20本の深夜アニメ視聴! ネットで話題となった近畿大学の講義を書籍化。2010年代を象徴する7作品を分析。

発売年月2018年4月
ISBN978-4-591-15791-6
判型四六判
サイズ188mm x 129mm
ページ数235ページ
主な対象年齢・学年中学 高校 一般 
定価1,620円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

受講条件は週20本の深夜アニメ視聴!?あまりのガチさにネットで話題を呼んだ近畿大学の講義を書籍化!

●あらすじ
教養という概念は「人格は形成されるもの」という考えと結びついている。人格を形成する役割はかつて哲学や純文学が担ってきたが、ゼロ年代になると、若者に対するポップカルチャーの影響は無視できないものとなった。本書では10年代アニメを教養として分析することで現代社会や若者文化についての理解を深めていく。

●装画
『COPPELION』の井上智徳先生、書き下ろし!!

●目次
<はじめに>
インフォテインメントとしてのアニメ/ホーリズムとしての一〇年代アニメ 等

<第1部 自己と他者>
第1章『魔法少女まどか☆マギカ』他者との自己同一化 
ゼロ年代アニメの総決算/『ファウスト』からの引用と変更点/絶望少女もの 等

第2章『中二病でも恋がしたい!』自意識と他者の存在 
『氷菓』における掟破り/『響け!ユーフォニアム』の新機軸/『中二病でも恋がしたい!』はラブコメか 等

第3章『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』スクールカーストとぼっち 
残念系/空気を読む/意識高い系/ライトノベルが描くリアリズム 等

<第2部 ゲームの世界>
第4章『ノーゲーム・ノーライフ』ゲーム理論と社会適応 
『ノゲノラ』とゲーム理論/コミュニケーション障と引きこもり 等

第5章『ソードアート・オンライン』オンラインゲームと一人称視点 
ナーヴギアの実現可能性/一人称視点/メタ・オリエンタリズム 等

<第3部 未来社会の行方>
第6章『とある科学の超電磁砲』クローン技術とスマートシティ 
ヒトクローン個体/学園都市/スマートシティ/超監視社会 等

第7章『COPPELION』生き残りとリスク社会 
遺伝子操作/コラテラル・ダメージ/リスク社会/ハードサヴァイヴ系 等

<おわりに> 
世間内存在としてのオタク/メタ視点を欠いた再帰性 等

●プロフィール
文芸評論家。専門は哲学・現代思想。近畿大学では映像・芸術基礎、映像・芸術論、現代の社会論を教えている。

※本書は2017年2月に『教養としての10年代アニメ』として、ポプラ新書より刊行したものを、ルビを加え選書化したものになります。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。