サイト内検索
メニューを開く
哲学の世界へようこそ。

一般書(263)

哲学の世界へようこそ。

答えのない時代を生きるための思考法

AI、友だち、サイコパス、同性愛――身近な思考実験を通して、常識を疑うための4ステップが身につく哲学思考入門!

発売年月2019年11月
ISBN978-4-591-16440-2
判型四六判
サイズ188mm x 128mm
ページ数215ページ
主な対象年齢・学年中学 高校 一般 シニア 
本の種類単行本 
ジャンルビジネス 自己啓発 社会問題 知識・教養 
教科社会科 総合 キャリア教育 環境 情報 
定価1,650円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

人生は理不尽の連続だ。
だからこそ、君に一生使える「思考の武器」を贈ろう。
AI、友だち、サイコパス、同性愛――
身近な思考実験を通して、常識を疑うための4ステップが身につく!
ベストセラー『いま世界の哲学者が考えていること』の著者が語る、
いま哲学する力が必要な理由と、それを鍛える実践的レッスン。

■考え抜くための4ステップ
1 直感をもとに立場を決める
→「君がその立場を選んだ根拠は?」
2 根拠に説得力を持たせる
→「その根拠はどれだけ妥当か?」
3 別の観点から問い直す
→「より納得のいく根拠はないか?」
4 使える結論を導き出す
→「感情ではなく理性にもとづいた結論か?」

■目次
第1部 生きるとは、考えること――哲学者以前の君へ
生きること、考えること/「わかった」風の大人たちを疑え/ソクラテスはなぜ死刑になったのか?/子どもは生まれながらに「哲学者」なのか?/常識を知ったときにはじめて「哲学」がはじまる/「考え抜く力」とは何か/感情でわかり合うには限界がある/8つの思考実験について

第2部 考え抜くためのレッスン――直感からはじめる8つの思考実験
レッスン1 「コピペ」を考える――パクリはいけないことなのか?
レッスン2 「個性」を考える――ほんとうの自分は存在するか?
レッスン3 「サイコパス」を考える――共感できるのはいいことか?
レッスン4 「同性愛」を考える――なぜ認められないのか?
レッスン5 「友だち」を考える――どこからが敵なのか?
レッスン6 「AI」を考える――バーチャルな恋愛は成立するか?
レッスン7 「転売」を考える――どこまで売り物にできるのか?
レッスン8 「仕事」を考える――働かない生活はありか?

コラム1 「シミュラークル」の不思議
コラム2 ダイジェスト版「フランス現代思想史」
コラム3 私たちの中に潜む「凡庸な悪」
コラム4 「性」をめぐる闘い――「フェミニズム」の歴史
コラム5 カール・シュミットの危険な哲学
コラム6 君に「自由意思」はあるか?
コラム7 「資本主義」の大きな宿題
コラム8 「ベーシック・インカム」の思想

■著者
1954年福岡県生まれ。玉川大学文学部名誉教授。九州大学大学院文学研究科哲学・倫理学専攻修了。博士(文学)。九州大学助手、玉川大学文学部教授を経て、2019年より現職。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。