サイト内検索
メニューを開く
リンリンちゃんとワンゴ天才発明会社

新・童話の海(8)

リンリンちゃんとワンゴ天才発明会社

犬のリンリンちゃんのお兄ちゃん・ワンゴは発明家。でも、ろくな発明をしてくれなくていつもトラブルばかり。頭にきたリンリンちゃんは、家出をすることに!

発売年月2010年12月
ISBN978-4-591-12201-3
判型A5変型判
サイズ206mm x 154mm
ページ数135ページ
主な対象年齢・学年小3 小4 
本の種類児童向け単行本 
ジャンル児童読み物(国内) 
定価1,080円(本体1,000円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

日本児童文学者協会とポプラ社が行っている小学校中学年向け童話の公募、
「新・童話の海」の第二回入選作です。

犬のリンリンちゃんのお兄ちゃん・ワンゴは発明家。
けれど、リンリンちゃんにとって迷惑なものばかり発明し、トラブルばかり。
いいかげん嫌になったリンリンちゃんは、家出をすることにしました。
ところが、リンリンちゃんに重大な危機が発生!
ワンゴは助手のシーズーをひきつれて、即座にリンリンちゃんを助ける機械を発明し、
救出へと向かいます。
さあ、リンリンちゃんは助かるのでしょうか!
そして、きょうだい関係はいったいどうなる!?

キュートな、センスのいいナンセンスストーリーで入選したこの作品の著者・
丘紫真璃氏は、14歳の時に「黄色い卵は誰のもの?」(幻冬舎)でデビュー。
銀色夏生氏に「生まれながらの物語作家の誕生」と絶賛される。

三次元イラストともいうべき刺繍イラストで物語を深く広く大きくした画家・
MICAO氏は、「スタイルアサヒ」(朝日新聞社)や「うかたま」(農文協)などの表紙絵、
『安房直子短編集』(福音館書店)などで活躍中。世代を問わず支持されている。

「テンポよく進んでいくお話をとおして、非日常的な遊びの世界がいきいきと迫ってきます。
〜苦しみも悲しみもない、こどもの感性と同じ幸福感があふれています。
命あるものもないものも、ひとつになれる童話ならではの楽しさがあります。〜」
解説(西本鶏介)より

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。