• 会社情報
  • 採用情報
  • 著作物の使用
  • お問い合わせ一覧
検索 メニュー
  • こどもっとラボ
  • 幼稚園・保育園の方へ
  • 書店の方へ
  • カスタム出版
  • キャラクタービジネス
  • FOREIGN RIGHTS
本をさがす
この条件で検索する
  • 詳細検索はこちら
  • 図書館・学校向け検索はこちら
    図書館や学校で役立つ学習セットや読み物・絵本セットの検索ができます。N.D.C.分類を指定して検索することもできます。
サイト内検索
ポプラ社公式アカウント
ポプラ社公式Facebook
ポプラ社公式Instagram
ポプラ社公式Twitter
ポプラ社公式YouTube
ポプラ社公式note
一覧
こずえと申す

ポプラ物語館(86)

こずえと申す

ぼくたちの天狗山に道路を通す計画が? 武家言葉で話す少女・こずえとぼくたちが山の自然を守るために考えたことは……

発売年月2021年8月
ISBN978-4-591-17054-0
判型A5変型判
サイズ204mm x 153mm
ページ数151ページ
主な対象年齢・学年小4 小5 小6 
本の種類児童向け単行本 
ジャンル児童読み物(国内) 
教科国語 
定価1,650円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

父さんは仕事大事人間で、去年の夏、ぼくは母さん、弟の洋といっしょに父さんのじっちゃんの家で暮らすことになった。母さんがいうに、父さんと母さんは「人生の大事」が違うのだそうだ。母さんは「人生はショージでできているんだ。それを大切にしなくちゃ」。ショージは小事、毎日の小さなひとつひとつのことだ。
じっちゃんの家で、ぼくの仕事は毎朝、新聞受けに新聞をとりにいくこと。その日も起きてすぐ新聞受けにいった。ところが、届いているはずの新聞が、ない。そのかわりに入っているのはきちんとくくられた幾枚かの葉っぱ。そして、そのことがきっかけで、ぼくはこずえという少女と出会い、近くの天狗山に道路を通す計画があることを知る。
天狗山はタヌキやイノシシなどがすむ緑多い山。近所の人たちのいい散歩コースにもなっている。そんな山に道路を通したら? 今度の市議会議員選挙でそのことが争点になっているというが、ぼくたちに選挙権がないのはなぜ? ぼくは弟、友だちの大介、そしてこずえといっしょに、「ぼくたちにできること」を考えはじめる。
すっくと立ち、まっすぐにものごとを見つめる子どもたちのありかたがすがすがしい読後感をもたらす物語。

この本をシェア

ポプラ社公式アカウント
ポプラ社公式Facebook
ポプラ社公式Instagram
ポプラ社公式Twitter
ポプラ社公式YouTube
ポプラ社公式note
一覧

任意のキーワードでお探しの情報を 検索することができます。

サイト内検索

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→https://aebs.or.jp/

ポプラ社
ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。