サイト内検索
メニューを開く
(186)そろそろ親とお金の話をしてください

ポプラ新書(186)

(186)そろそろ親とお金の話をしてください

親が認知症になったら親の預金は使えない!? お金の話はしづらいからと先送りすると大変な事態に…親の老いを感じたら読む本!

発売年月2020年2月
ISBN978-4-591-16615-4
判型新書判
サイズ173mm x 109mm
ページ数194ページ
主な対象年齢・学年一般 シニア 
本の種類新書 
ジャンル知識・教養 
定価946円(本体860円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

離れて暮らす親の老いは、子どもにとって心配の種。そのひとつに「お金」の問題があるが、親子の間でもお金の話はなかなか聞きづらく、つい先送りにしてしまっている人が多い。だが、もし親が認知症になってしまったら、たとえ本人のためであっても親の預貯金を子どもが勝手に使うことができなくなる。そんなときの介護費用は誰が負担するのか? 介護にかかるお金の問題が、その後、きょうだい間の相続トラブルに発展することも! そんな事態を回避するために、子どもが準備すべきこと、すぐに始めるべきこととは何か? 5000件を超える相談を受けてきた著者が、数多の事例をもとに実践的に指南します!

【目次】
はじめに/いざとなってからでは遅すぎる!
第1章 「親のお金」のまわりは危険がいっぱい!
第2章 聞きづらい「お金の話」の進め方
第3章 親子で書く「エンディングノート」
第4章 「親のお金」を守る制度の活用法
第5章 絶対避けたい「相続トラブル」の防ぎ方
おわりに/できることは今すぐ始めよう!

【著者プロフィール】
1955年東京生まれ。「元気が出るお金の相談所」所長、マネーセラピスト、ファイナンシャルプランナー、CFPR。雑誌編集、外資系損保代理店などを経て、96年からファイナンシャルプランナーとして活動を開始。相談は「お金の貯め方」から老後の財産管理、高額の相続問題まで幅広い。これまでの相談件数は5000件以上、全国各地での講演回数は1000回を超えている。

*安田まゆみの元気が出るお金の相談所
https://www.my-fp.net/

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。