サイト内検索
メニューを開く
(185)子どもの発達障害 誤診の危機

ポプラ新書(185)

(185)子どもの発達障害 誤診の危機

発達障害が一般的に知られるようになる一方、過剰ともいえる診察、診断が増えているという。誤診が生まれる背景とは――。

発売年月2020年2月
ISBN978-4-591-16614-7
判型新書判
サイズ173mm x 109mm
ページ数236ページ
主な対象年齢・学年一般 シニア 
本の種類新書 
ジャンル知識・教養 
定価946円(本体860円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

【その子、本当に発達障害ですか?】
【誤診が生まれる理由とは?】


信頼できるお医者さんは人気で予約がとれないならば、
ぜひ、この本を読んでみてください!!
「発達障害」について正しく理解し、
当事者やその家族、関係者が幸せな人生を送るために。


2002年の文科省の調査結果を境に、「発達障害」は一般的に知られるようになってきました。
一方で、受診者の増加とともに、過剰ともいえる診察、診断が見られるようになっています。

医師、専門家として多くの子どもを診てきた著者の診察室では、
通常学級に通うような子どもが、別の専門施設で「重度自閉症(スペクトラム障害)」と
診断されたというような、いわば誤診を受けた子どもが、2割ほど見られるといいます。

発達障害にまつわる近年の変化と、一般的な理解の隔たりを踏まえ、基本的な考え方から最新の知見までを伝えます。

【著者プロフィール】
榊原洋一(さかきはら・よういち)
1951年東京生まれ。東京大学医学部卒、お茶の水女子大学子ども発達教育研究センター教授を経て、
同名誉教授。チャイルドリサーチネット所長。小児科学、発達神経学、国際医療協力、育児学。
発達障害研究の第一人者。著書多数。現在でも、子どもの発達に関する診察、診断、診療を行っている。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。