サイト内検索
メニューを開く
  • トップ
  • トピックス
  • ピックアップ
  • どうして勉強しなくちゃいけないの、という子どもの問いに答えられますか? 〜『どう解く?』を使った大人のためのワークショップ〜

どうして勉強しなくちゃいけないの、という子どもの問いに答えられますか? 〜『どう解く?』を使った大人のためのワークショップ〜

2018年度から小学校で、そして2019年度からは中学校でも教科化される「道徳」。当の子どもたちはもちろん、保護者や教育関係者からも大きな関心が寄せられています。そこでポプラ社では、小中学生のお子さまを持つ親御さんにご参加いただき、それぞれが考え、語り合う【答えのない道徳の問題「どう解く?」ワークショップ~子どもに聞かれて困る問題、あなたはどう解く?どう答える?】を開催しました(2019年3月4日/東京・千代田区)。



2018年にポプラ社より刊行された『答えのない道徳の問題 どう解く?』は、大人でも答えることが難しい「答えのない道徳の問題」を提示した書籍です。池上彰さんや羽生善治さんなど、各界の著名人が「解答例」を寄稿したことで多くのメディアから注目されています。この本を教材に、道徳の授業を行っている小学校や中学校も。授業を受けた子どもたちは、「答えのない問題」に頭を悩ませながらも熱心に議論を交わしていました。

今回の大人のためのワークショップには、著者の山﨑博司さん・木村洋さん、そして書籍『どう解く?』にも寄稿いただいた教育学者の汐見稔幸先生が参加。お三方の見守るなか、初対面の大人同士でさまざまな意見が活発に交わされました。当日の様子をレポートします。



●べんきょう、どう解く?

「人が嫌がることはしちゃダメ!」ってお母さんは言う。
どうしてお母さんは、ボクの嫌いな勉強をおしつけてくるんだろう?

この日のワークショップのために、書籍『どう解く?』から選ばれたのはこんな問い掛けでした。子育て世代の親にとっては、ある意味とてもなじみ深い問題だったのではないでしょうか。「子どもにこんなことを言われたら、大人としてなんて答えればよいのか。みなさんで話し合ってください」。司会者の声かけで4人1グループとなった参加者が、さっそく意見を交わし始めます。制限時間は10分間。色とりどりのふせんに、どんどん意見が書き込まれていきました。
「知らないことを知ることはおもしろいよ」
「将来、やりたいことがやりやすくなるかも」
「ゲームなどやりたいことをやるなら、義務もはたしてね」
「嫌なことでも、やらないといけないことがあるよ。歯みがきと一緒」
「勉強は、あなたの世界を広げる楽しいもの」



それぞれのグループでどんな意見が交わされたのか、代表者による発表が行われると、同じ親として誰もが興味深そうに耳を傾けます。けれど、ひとくちに親と言っても家庭の事情はさまざま。これから小学校に入学する子、現在まさに勉強を嫌っている子、勉強が好きだという子。すべての子どもが納得する完璧な解答はありません。各グループの発表が終わると、汐見先生は次のように述べました。

「親は頭ごなしに勉強しなさいと要求するのではなく、論理的に説明して子どもを納得させるべきでしょうね。親だからといって、無理におしつけてよいことなどありません。親と子は対等でないといけない。子どもの意見を聞いたうえで、経験豊かな大人の意見を伝えるようにしましょう。一方的におしつけられても子どもは嫌がるだけ。なるほどなあ、と思わせないと」(汐見先生)

意見を書き込んだふせんは回収され、みんなが見られるようにボードに貼り出されました。わが子が「なるほどなあ」とうなずいてくれるような答えが見つかったでしょうか。



●せいぎ、どう解く?

今日もお母さんに怒られた。人を殴っちゃダメ、って。
どうして正義のヒーローは、悪者を殴っていいんだろう?

続けて出されたのは、こんな問い掛けでした。この問題もまた、子育て世代にとって悩ましかったようです。友だち同士やきょうだいの間に入って、けんかの仲裁をしたことは誰しも経験があるのでしょう。親として子どもにどのように答えるべきか、ふたたび意見が交わされます。
「友だちは悪者じゃないから殴っちゃだめ」
「痛くて悲しい思いを相手にさせるって、良いこと?」
「ヒーローはルールを守るために戦っている」
「あなたは自身が殴られたらどう思う?」
「ヒーローも、本当は殴っちゃだめなんだよ」

「そもそも正義ってなんだろう。立場によって正義は異なるのでは?」。そんなふうに議論が広がるグループがあれば、「テレビ番組であろうとヒーローも暴力を使うべきではない。どのような問題も話し合いで解決すべきだ」と矛先を番組制作者に向けるグループも。どうやら議論する人の組み合わせで、話の方向は大きく変わっていくようです。この問題について、汐見先生はこのように述べました。



「4、5歳くらいになると、悪いことをしてみたいという気持ちが子どもにも芽生え始めます。そのとき子どもの心の中では、いいことをしたいという気持ちと悪いことをしてみたいという気持ちがたたかっているんですね。読み聞かせてもらった昔話などを通じて、いいことをしたほうがよいと子どもたちは知っています。ヒーロー番組で正義の味方が暴力をふるっていても、子どもたちはちゃんと道徳心を理解しています。親御さんは安心を」(汐見先生)

●おうちで、どう解く?

この日、大人たちがワークショップでおこなったように、子どもたちも道徳の授業でクラスメイトと議論を交わします。それだけではありません。教科化されるということは、国語や算数と同様に個別評価されるということです。ただし先生方は、子どもたちが考えた意見の善し悪しを評価するわけではありません。評価のポイントの一つとして挙げられるのは、相手の意見に耳を傾け、自分の意見を論理的に伝えられるかどうか。言わば、コミュニケーション力が問われるのです。その力を養うために、家庭でできることがあると汐見先生は言います。

「今日はなにがおもしろかった? 学校でどんな勉強をしたの? そんなふうに、普段の生活でどんどん子どもに問い掛けることが大切です。そして子どもの話にじっくり耳を傾け、4回に1はなるほどねと共感してやりましょう。おすすめは4打数1安打のコミュニケーション、すなわち『KKKH』ですね。野球ではK=三振、H=安打を意味しますが、ここでは、K=きく、K=きょうかんする、K=(どうしたらいいか一緒に)かんがえる、そしてH=はげます、としています。子どもの言うことを否定したり、また親の考えを一方的におしつけたりせず、4打数1安打のコミュニケーションを増やしてください。そうすれば、子どもの中で自ら考える力が育ち、自分の思いを言葉にできるようになるでしょう」



●ワークショップを終えて

【著者・山﨑さんのコメント】
「今日は大人同士で話し合いましたが、ぜひこの本を使って親子で話し合ってほしいですね。答えを出すことよりも、コミュニケーションを重ねることが大事なんじゃないでしょうか」

【著者・木村さんのコメント】
「グローバル化が進むことで、価値観や文化の異なる人たちと隣り合わせて暮らしていくことが普通になります。だから、立場や見方を変えれば答えも変わるということを、道徳の授業や議論を通じて子どもたちに学んでほしいと思います」

【参加者のコメント】
・「汐見先生のご著書に感銘を受けたので参加しました。一つのテーマをみんなで議論することで、他のお母さん方の意見が聞けてとても新鮮でした」(中3男子の母)
・「家庭で考えるしつけとしての道徳と、学校で考える教育としての道徳では、考え方が違うんだなと感じました。親御さんは子どもと1対1で向き合うための学びを求めて参加されているようでしたが、私たちは集団の場でどうやって子どもたちに話し合いをさせればよいのかを身につけたい。今後は、親目線の気持ちも理解した上で授業をすすめないといけないなと思いました」(中学校教諭)

今回のイベントで公開された、「べんきょう、どう解く?」への汐見先生の「解答例」
▲今回のイベントで公開された、「べんきょう、どう解く?」への汐見先生の「解答例」

プロフィール

山﨑博司・木村洋・二澤平治人
広告代理店で働く、コピーライター・アートディレクターのクリエイター3人。それぞれ子育て中のパパでもあることから、これから育っていく子どもに「考える力」をつけてほしいと、『答えのない道徳の問題 どう解く?』を企画、執筆した。

プロフィール

汐見稔幸(教育学者・東京大学名誉教授)
門は教育学、教育人間学、育児学。日本保育学会会長。『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』『本当は怖い小学一年生』『「天才」は学校で育たない』など著書多数。NHK「すくすく子育て」でもコメンテーターをつとめ、子育て世帯の心強い味方として絶大な支持を得ている。

答えのない道徳の問題『どう解く?』特設HPはこちら
▲答えのない道徳の問題『どう解く?』特設HPはこちら

この記事をシェア

最新トピックス

  • トップ
  • トピックス
  • ピックアップ
  • どうして勉強しなくちゃいけないの、という子どもの問いに答えられますか? 〜『どう解く?』を使った大人のためのワークショップ〜
ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ