ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く

小さなおばけシリーズ 小さなおばけシリーズ

  • ホーム
  • 本の紹介
  • 初めてのひとり読み

シリーズ紹介

アッチはレストランにすんでいる食いしんぼうのおばけ、ソッチはあめ屋さんにすんでいる歌の好きなおばけ、コッチはとこ屋さんにすんでいるおしゃれなおばけ。アッチ、コッチ、ソッチのまわりでは、いつも「ドキドキ」と「ワクワク」がいっぱいです!

1979年に『スパゲッティがたべたいよう』でスタートした「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズは、魅力的なキャラクターと自由な発想のストーリーで、子どもたちの大きな支持を集めました。親から子へと世代を超えて読み継がれています。角野先生のライフワークとして毎年新刊が発表され、幼年童話のロングセラー・シリーズとしてファンを増やし続けています。

キャラクター紹介

ドララちゃん:ドラキュラのまごむすめ。いもむしグラタンなど、ぞくぞくするお料理をつくるのがとくい。ボン:くいしんぼうののらねこ。ときどき、アッチとはりあうけれど、気のあうともだち。アッチ:レストランのやねうらにすんでいる、くいしんぼうのおばけ。コックさんになって、おいしいお料理をつくる。コッチ:とこやさんにすんでいる、おしゃれなおばけ。すがたをけして、こっそりお店のお手つだいをしている。ドッチ:ドララちゃんが森でつかまえた、小さなおばけ。アッチが大すき。チとキ:いたずらなねずみのふたご。やねうらのアッチの部屋のとなりにすんでいる。ソッチ:あめやさんのおばあちゃんとくらしている、歌のすきなおばけ。にんげんの小学校の1年生になる。エッちゃん:アッチのなかよし。アッチにおいしいスパゲッティ・トマトソースのつくりかたを教えてくれた。 ドララちゃん:ドラキュラのまごむすめ。いもむしグラタンなど、ぞくぞくするお料理をつくるのがとくい。ボン:くいしんぼうののらねこ。ときどき、アッチとはりあうけれど、気のあうともだち。アッチ:レストランのやねうらにすんでいる、くいしんぼうのおばけ。コックさんになって、おいしいお料理をつくる。コッチ:とこやさんにすんでいる、おしゃれなおばけ。すがたをけして、こっそりお店のお手つだいをしている。ドッチ:ドララちゃんが森でつかまえた、小さなおばけ。アッチが大すき。チとキ:いたずらなねずみのふたご。やねうらのアッチの部屋のとなりにすんでいる。ソッチ:あめやさんのおばあちゃんとくらしている、歌のすきなおばけ。にんげんの小学校の1年生になる。エッちゃん:アッチのなかよし。アッチにおいしいスパゲッティ・トマトソースのつくりかたを教えてくれた。

新刊情報

幼児〜小学校低学年向き

おばけのアッチ
スパゲッティ・ノックダウン!

  • 角野栄子 作/佐々木洋子 絵

外国に行っていたエッちゃんが、久しぶりにアッチのお店に。
すると、ドララちゃんもやってきて、エッちゃんのスパゲッティを食べてしまい……!

  • ISBN978-4-591-16113-5
    定価:本体900円 [税別]
40周年記念新刊!
2019年1月発売
本の紹介ページへ
小学校高学年向き

ルイジンニョ少年
──ブラジルをたずねて

  • かどのえいこ 作/福原幸男 絵

20代で2年間ブラジルで移民として暮らした経験をもとに綴られた物語。言葉を教えてくれたルイジンニョ少年たちとの交流が鮮やかに描かれます。復刻版のあとがきとして角野栄子先生のエッセイを新規収録!

  • ISBN978-4-591-16118-0
    定価:本体1,800円 [税別]
国際アンデルセン賞 作家賞受賞記念 復刻!
2019年1月発売

40周年ニュース

著者メッセージ

角野栄子先生からのメッセージ

40年間書き続けてこられたのは、新作を待ってくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます。たくさんの読者から、「子どもの頃、アッチのお話を夢中になって読みました」「アッチ・コッチ・ソッチは大切な友達でした」と言われると、40年間コツコツと書き続けてきて本当によかった! と思います。
子どもが自分の力で1冊の本を読んだ経験は、たとえその内容は忘れたとしても、心に想像力という「魔法のタネ」を植え、人生の折々に大きな力となってくれます。これからも、子どもたちが「おもしろかった!」と笑顔になるお話を書いていきたいと思います。

角野栄子(かどのえいこ)
ギリシャのアテネで行われた
2018年国際アンデルセン賞授賞式のようす。

作:角野栄子(かどのえいこ)

東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館文学賞を受賞し、これまでの業績に対して、巖谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文化賞を受賞。2014年旭日小綬章を受章。2018年に、国際アンデルセン賞・作家賞を受賞する。『スパゲッティがたべたいよう』に始まる「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズなどロングセラーは数多い。

佐々木洋子先生からのメッセージ

おそらく誰よりも早くこのシリーズの新刊を読むことができた息子は、アッチの大ファンでした。読みおえた本を閉じるときまって、「あー、おもしろかった」と笑顔で言ったものです。そんな息子も、今は二人の子の父親です。いつも、子どもたちをわくわくさせてきたアッチ、コッチ、ソッチたち。40年間、私もわくわくしながら絵を描き続けてこられたことに感謝です。ありがとうございました。

佐々木洋子(ささきようこ)

絵:佐々木洋子(ささきようこ)

1952年、青森県に生まれる。女子美術大学卒業。「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズ「ぴょんぴょんえほん」シリーズで、角野栄子氏と長年息の合ったコンビを組んでいる。自作の絵本に、「くまくんのあかちゃんえほん」シリーズ(ポプラ社)など数多くの作品があり、赤ちゃんや幼児向け絵本で活躍している。

キャンペーン実施中!
ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ