ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
キリンがくる日

ポプラ社の絵本(22)

キリンがくる日

キリンのいない動物園。男の子が「キリンにあいたいなあ・・・」とからっぽのキリン舎の前で、さびしそうにしていると園長さんが・・・。

発売年月2013年8月
ISBN978-4-591-13559-4
判型A4変型判
サイズ264mm x 216mm
ページ数32ページ
主な対象年齢・学年3歳 4歳 5歳 
本の種類絵本 
ジャンル創作絵本(国内) 
定価1,404円(本体1,300円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

「きたのどうぶつえん」に やってきた おとこのこ、けんと。
けんとは、キリンが だいすき。
だけど、この どうぶつえんに、キリンは いません。
「はやく キリンに あいたいなあ……」
からっぽの キリンしゃの まえで、けんとが さびしそうにしていると、
どうぶつえんの えんちょうさんが、やってきて……。

この絵本は、北海道釧路市の市民団体・チャイルズエンジェルの活動をもとにつくられました。キリンのいない釧路市動物園。キリン舎のまえで「キリンを見たいなあ」とつぶやく子どもの声を聞き、「子どもたちにキリンを見せてあげたい! わたしたちが、動物園にキリンをプレゼントしよう!」と、市内の主婦が中心となり結成したのが、チャイルズエンジェルです。チャイルズエンジェルは、「キリン基金」をつくり、キリンを購入するための募金活動をはじめました。2012年5月のことです。目標金額は5000万円。活動は、子どもからおとなまで街中の人びとの共感を得、なんと開始から1年に満たない2013年3月に、目標金額に達してしまいました。釧路市では、2013年秋に予定されているキリンのおひろめを、子どももおとなもみんなで楽しみにしています。
そんな活動に感銘をうけた作家の志茂田景樹さんと、地元でチャイルズエンジェルの活動を支えてきたデザイナーの木島誠悟さんとで、つくりあげたのが、本書『キリンがくる日』です。キリンと動物園をとおして、「いのち」の輝きと動物園ではたらく人びとの想いをやさしく伝える作品になりました。

この本をシェア

おすすめのトピックス

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。