サイト内検索
メニューを開く
ねずみくん ぼくもできるよ!

12支キッズのしかけえほん(2)

ねずみくん ぼくもできるよ!

じゅうにし園で劇をやることになりました。ねずみくんは王子役をやりたかったのに、なかなか声がみんなに届かず、すっかりふてくされてしまいましたが・・・。

発売年月2011年3月
ISBN978-4-591-12375-1
判型A4変型判
サイズ197mm x 205mm
ページ数35ページ
主な対象年齢・学年3歳 4歳 5歳 
本の種類絵本 
ジャンル創作絵本(国内) 
定価1,100円(本体1,000円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

『12支キッズのしかけえほん』シリーズは、
12支の動物の子どもたちが通っている「じゅうにしえん」でおこる、
集団生活ならではの、「ある!ある!」お話を、
シンプルなしかけで楽しめるように描いたシリーズです。

今年の発表会は劇をやることになりました。
ねずみくんは王子様の役をやりたいな、と思っていました。
勇気を出して立候補してみたのですが、
声がみんなには届かず、ちがうおともだちが王子様役に決まってしまいます。
かみさま先生だけは、そんなねずみくんに気がついて、
王子様役はねずみくんも一緒にやることになりました。
嬉しくてはりきるねずみくんですが、
おともだちは、なかなか、そんなねずみくんに気がついてくれません。
すっかりふてくされてしまったねずみくん。
発表会の当日、思いがけない事件がおこります。
さあ、ねずみくんはどうするのかな?

民話「12支のはじまり」では、牛を利用して一番になったり、ネコをだましたりと、
ちゃっかりものとうつるねずみですが、
もしかしたら、それは自信のなさからきたものかもしれません。

こちらの作品では、そんな仮説をたて、ねずみくんをクローズアップしました。
自分の力で他人に役立つことで、自信につながる…そんな姿を描いています。

「やりたい!」「でも…できるかな…」
初めてのことだらけのこどもたちは、
いろいろな気持ちを交差させながら、集団生活でのいろいろなできごとに向かっています。
気持ちは同じくらい大きいのに、それが目立つ子、目立たない子、
表現が上手な子、難しい子、
いろいろなタイプのこどもたちがいますが、
どの子にとってもエールになれたら、と願っています。

「自分はやればできる」という自己有能感、
「自分は主人公になれる(自分は自分の人生の主人公である)」という主人公感覚、
成長に大切なそれらのセンスを、
「自分で!」「自分が!」という言葉がたくさん出てくる、
幼稚園や保育園のお子さんたちに感じてもらえたら嬉しいです。

卒園式や入園式、進級お祝い会などで、劇を発表するお子さんもたくさんいらっしゃることでしょう。
そんなイベントの前後にこちらを楽しんで、実際の劇ももりあげてください!

ねずみ年のお子さんにも、ぜひ、どうぞ!

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。