サイト内検索
メニューを開く
大きな大きな船

おとうさんだいすき(2)

大きな大きな船

「ぼく父さんに母さん役までやってほしいと思わないよ」――母親不在の中、父と子が少しずつお互いを認め合いながら、新しい一歩を踏み出します。

発売年月2009年8月
ISBN978-4-591-11081-2
判型A4変型判
サイズ264mm x 215mm
ページ数32ページ
主な対象年齢・学年6歳 小1 小2 
本の種類絵本 
ジャンル創作絵本(国内) 
定価1,320円(本体1,200円)
ポプラ社在庫情報品切れ

書籍の内容

「はせがわくんきらいや」で1976年に鮮烈なデビューを果たして以来、
常に絵本の可能性に挑戦し続ける著者、長谷川集平の3年ぶり、待望の新作絵本です。
訳あって母親のいない生活を送る父親と息子。
仕事人間で家庭を顧みなかった父親は、家事もおぼつかず、息子との会話もギクシャクしています。
お互いに距離を感じながら、父親は「大きな大きな船」になぞらえた「時代」の話をし、
それを聞くことで、息子も少しずつ自分の思いを語り始めます。
やがて、それぞれが胸に秘めていた母親の思い出を口にしたことで、2人の距離は縮まっていきます。
「ぼくらはみんな、大きな大きな船に乗っているんだ…」と語る父親。
2人の乗った船はどこへ向かうのでしょうか?
著者初の試みである、赤、青、黄3色の水彩絵の具だけで描かれた絵が、
作品全体に明るい光と爽やかな風を感じさせます。
カバーそでに書かれたあとがきも、読み応えがあります。

月刊MOE2010年2月号では、「2009年の絵本の新しい波」として広松由希子氏に、
「見逃せない絵本」ということで小野明氏に紹介されています。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。