一般書に関するお知らせ

ニュース
カンヌが認めた才能・深田監督が描いた
小説版『淵に立つ』のPV動画を公開しました

 

2016/10/8 映画の全国公開に先駆けて発売された小説版『淵に立つ』のPV動画を公開しました。

第69回カンヌ国際映画際「ある視点」部門審査員賞受賞

初ノミネートで初受賞の快挙を成し遂げた映画『淵に立つ』を深田晃司監督が自ら描いた小説版『淵に立つ』が10月8日の映画公開に先駆けて、このほどポプラ社より刊行されました。
あわせてPV動画を公開しました。ぜひご覧ください。

小説版『淵に立つ』は深田晃司監督にとっての小説家デビュー作となり、すでに各方面から大きな反響が届いています。

映画『淵に立つ』公式サイト↓
http://fuchi-movie.com/

産経新聞書評↓
http://www.sankei.com/life/news/160925/lif1609250018-n1.html

 

表面化されない錆びた部分を静かに抉られるようなストーリー。
まるでその男は無垢に現れ本質を曝け出す。
恐ろしい!けどなんだか少し気持ち良い!(帯文より)
二階堂ふみ(女優) 

 


淵に立つ
淵に立つ

郊外で小さな金属加工工場を営む利雄は、妻の章江と娘の蛍の三人家族。
夫婦の間に会話はほとんどないが、平穏な時間が流れていた。

ある日、利雄の旧い知人で八坂という男が現れ、八坂を交えた奇妙な共同生活が始まる。
それが、「すでに崩壊していた家族」が露になる始まりだった・・・。

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、世界から絶賛された映画「淵に立つ」を、監督自らが小説化!

ページトップに戻る