サイト内検索
メニューを開く

本展について

世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ」(1974年刊行)。シリーズ累計400万部を超え、2019年に45周年をむかえた人気作は、作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の共同作業によって生まれました。鉛筆で描かれたモノクロの絵と、最小限の文章、余白を生かした美しい構図で注目を集め、多くの子どもたちの心をつかんでいます。
本展では、シリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約150点を展示。また、上野さんが絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野さんの絵の世界を紹介します。からだは小さくても優しい心を持ったねずみくんは、子どもの心に寄り添う友達のような存在。親子や大好きな友達と一緒に、ねずみくんと仲間たちがつくりだす温かい世界をお楽しみください!

見どころ

絵本原画、ラフスケッチなど約150点が一堂に!絵本原画、ラフスケッチなど約150点が一堂に!

1「ねずみくんのチョッキ」2「りんごがたぺたいねずみくん」 3「また!ねずみくんとホットケーキ」 4「ねずみくんとおんがくかい」 5「扉の国のチコ」6「 ちいちゃんのかげおくり 」 1「ねずみくんのチョッキ」2「りんごがたぺたいねずみくん」 3「また!ねずみくんとホットケーキ」 4「ねずみくんとおんがくかい」 5「扉の国のチコ」6「 ちいちゃんのかげおくり 」

絵本の名場面 ねずみくんのチョッキブランコと写真を撮ろう!絵本の名場面 ねずみくんのチョッキブランコと写真を撮ろう!

展覧会オリジナル絵本つきチケットも発売! 自分で作る!書き下ろし絵本『ねずみくんのスタンプ』展覧会オリジナル絵本つきチケットも発売! 自分で作る!書き下ろし絵本『ねずみくんのスタンプ』

オリジナルの一冊がつくれる絵本『ねずみくんのスタンプ』を会場限定で発売。この展覧会のために、なかえよしをさんが書き下ろした新作絵本です。
『ねずみくんのスタンプ』絵本つきチケット(グッズ付チケット)の詳細は、こちらをご参照ください。

※本作は、会場に設置された特製スタンプで完成させる絵本ですが、感染症対策として、スタンプが印刷された紙を用意し、お持ち帰りいただく場合がございます。

展覧会オリジナル絵本つきチケットも発売!

※本作は、会場に設置された特製スタンプで完成させる絵本ですが、感染症対策として、スタンプが印刷された紙を用意し、お持ち帰りいただく場合がございます。

作者紹介

なかえよしを+上野紀子:1973年、共作絵本『Elephant Buttons』(邦題『ぞうのポタン』) をアメリカで出版。以来、数々の絵本を発表。シュールな味わいをもつ独特の作品世界が数多くの読者を魅了してきた。主な作品に、「ねずみくんのチョッキ」(講談社出版文化賞 )をはじめとする「ねずみくんの絵本」シリーズ、「いたずらララちゃん」(絵本にっぽん賞)、「扉の国のチコの絵本」(以上ポプラ社)、「ねこのジョン」(金の星社) ほかがある。なかでも「ねずみくんの絵本」シリーズは、40年以上、世代をこえて読み継がれている。2005年には、これまでの業績に対し、第28回巖谷小波文芸賞を受賞した。 なかえよしを+上野紀子:1973年、共作絵本『Elephant Buttons』(邦題『ぞうのポタン』) をアメリカで出版。以来、数々の絵本を発表。シュールな味わいをもつ独特の作品世界が数多くの読者を魅了してきた。主な作品に、「ねずみくんのチョッキ」(講談社出版文化賞 )をはじめとする「ねずみくんの絵本」シリーズ、「いたずらララちゃん」(絵本にっぽん賞)、「扉の国のチコの絵本」(以上ポプラ社)、「ねこのジョン」(金の星社) ほかがある。なかでも「ねずみくんの絵本」シリーズは、40年以上、世代をこえて読み継がれている。2005年には、これまでの業績に対し、第28回巖谷小波文芸賞を受賞した。
ポプラ社公式インスタグラム ポプラ社公式ツイッター
ページトップ