サイト内検索
メニューを開く
(130)今こそ『資本論』

ポプラ新書(130)

(130)今こそ『資本論』

資本主義の終焉を生き抜くために

貧困、格差、政治の腐敗・・・・・・不安定な時代にこそ、『資本論』を読む価値がある。解説は佐藤優氏。

発売年月2017年7月
ISBN978-4-591-15539-4
判型新書判
サイズ173mm x 109mm
ページ数254ページ
主な対象年齢・学年一般 
定価886円(本体820円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

「本書はこれから『資本論』の標準的な入門書になるであろう」
(佐藤優氏解説より)

『資本論』は「革命の書」ではない!
現代にも通じる、「資本主義システム」を喝破した書をいかに読むか?

『資本論』は「革命の書」ではなく、資本主義というシステムの本質をえがきだした書である。本書は世界を変えた一冊の本を、マルクスの哲学や思想、先行研究、世界でどのように解釈されたのかなどの観点から読み解く。豊かな経済活動とともに、格差を伴う資本主義というシステムに飲み込まれないための杖となる一冊。

〈目次〉
序章 資本主義システムの下で生き残るために
第1章 萌芽 『資本論』はいかに誕生したか
第2章 誕生 『資本論』はいかに読むべきか
第3章 死後の生 『資本論』はいかに読まれてきたか
解説 『資本論』の論理で新自由主義を読み解く

〈著者・翻訳者プロフィール〉
フランシス・ウィーン/1957年、イギリス生まれ。コラムニスト、伝記作家、ラジオ・キャスター。『ガーディアン』紙、『ヴァニティ・フェア』などに寄稿し、97年には年間最優秀コラムニストに選ばれる。『カール・マルクスの生涯』でアイザック・ドイッチャー記念賞を受賞。

中山元(なかやま・げん)/哲学者、翻訳家。幅広い領域の哲学をわかりやすく解説することに定評がある。著書に『思考の用語辞典』(ちくま学芸文庫)、『思考のトポス』(新曜社)、訳書に『永遠平和のために/啓蒙とは何か』(光文社古典新訳文庫)、『マルクスコレクション』(共訳・筑摩書房)など。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。