サイト内検索
メニューを開く
(070)「デジタル遺品」が危ない

ポプラ新書(70)

(070)「デジタル遺品」が危ない

そのパソコン遺して逝けますか?

パソコンやスマホの中の、写真・文章、ブログ・SNS、ネット上の金銭取引など・・・死後、家族に迷惑をかけないための整理法を紹介。

発売年月2015年10月
ISBN978-4-591-14735-1
判型B6変型判
サイズ172mm x 109mm
ページ数167ページ
主な対象年齢・学年一般 シニア 
本の種類新書 
ジャンル知識・教養 
定価842円(本体780円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

■内容説明

各局の情報番組で特集され、話題沸騰の「デジタル遺品」問題。
トラブル事例から対策までを網羅した1冊!

高齢者のパソコン利用率上昇に伴い、今急増しているのが家族が急死したときの「デジタル遺品」トラブル。
パソコン・スマホには、写真・文章・動画などのデジタルデータを始め、SNSのアカウント、各種パスワード、ネットバンキングに預けたお金、ネット証券株など、個人のあらゆるプライバシーと資産が詰まっている。

<デジタル遺品トラブルとは?>
○例1「不倫ノート」トラブル
“愛妻家”として知られた夫が遺したパソコンの、「シークレットファイル」フォルダをクリックすると、愛人との2ショット写真が何百枚も……。
しかもそれはすべて夫婦旅行で行った場所! 私との旅行は不倫の「下見」に使われていた。
○例2「突然の多額負債」トラブル
夫がFX取引をパソコン内でやっていたことを知らず、夫の亡くなった日から3日後、
「外国通貨の相場急変で損失が発生した」と証券会社から1500万円の請求が……。
○例3「乗っ取られたアカウント」トラブル
夫が趣味で運営していた人気のブログを、亡くなったあともそのまま残しておいたら、
アカウントを乗っ取られ大事なサイトをスパムの基地にされてしまった。
○例4「悲しいヌード写真」トラブル
友人から、亡くなった娘のヌード写真がネットに流れていると連絡が。
あわてて確かめると、20歳の記念に友人と撮ったらしい写真で、漏洩元はデータをきちんと削除したはずのSDカードだった。
しかしネットに流れた写真を回収することはできない。

これらの悲劇を防ぐには、どんな対策や生前整理の方法があるのか?
個人情報管理のスペシャリストであり、終活カウンセラーの資格も持つ著者が、多角的な視点から徹底解説!


■著者について
1956年生まれ。日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事、「先端技術・情報犯罪とセキュリティ研究会」主査。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会技術顧問、CFE 公認不正検査士。旧通産省の情報処理技術者試験の最難関である「特種」に最年少(当時)で合格。2008年6月まで三菱東京UFJ銀行に勤務、実験室「テクノ巣」の責任者を務める。終活カウンセラーの資格も持つ。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。