ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
(P[き]1−7)マイナークラブハウスの恋わずらい

ポプラ文庫ピュアフル(90)

(P[き]1−7)マイナークラブハウスの恋わずらい

minor club house Side−B

友達が多い人も少ない人も、なぜか「うらやましい!」と感じる、コミカル&しみじみ系学園小説。【解説・壁井ユカコ】

発売年月2010年9月
ISBN978-4-591-12062-0
判型文庫判
サイズ148mm x 105mm
ページ数298ページ
主な対象年齢・学年小5 小6 中学 高校 一般 シニア 
本の種類文庫 
ジャンル小説・文芸 
定価691円(本体640円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

園芸部、演劇部、思想研究会、和琴部etc.――地方都市の有名私立高校でマイナー系文化部員が繰り広げる、笑えるのにズキンとくるドタバタ青春ストーリー


文武両道の有名私立大学に付属する中高一貫校・那賀市桃李学園。その高等部の一角に、部員5人未満のため非公式な存在の文化部ばかりが集い、「マイナークラブハウス」と通称される古ぼけた洋館があった――。

伝説的なYA作品『氷の海のガレオン』で衝撃的なデビューを飾ってから10年以上沈黙を守り、「幻の作家」として語り継がれていた著者が2009年よりスタートさせた『マイナークラブハウス』シリーズの番外編。 「読書メーター」などで幅広い読者の熱い支持を集めるシリーズ既刊のメインのストーリーラインから離れるため、シリーズ未読で「ちょっと試し読みしたい」という読者の方にもオススメ。きっと、ハマります。

「マイナークラブハウス」周辺の人物の中でも群を抜いてマイナー系なのに、一部女性読者の間でなぜか人気の高い歴史研究会2年・高杢海斗をはじめ、野球部のレギュラーながら演劇部の幽霊部員でもある遠野史惟、ニセアカシアの林を根城とする野良猫・サバトラのきゅうり、文芸部長・岩村聡、思想研究会前会長である高橋奈緒志郎の母・徹子らの、騒々しくてバカバカしいのに、どこか切なくて濃密な日常を綴った連作短編集。【文庫書き下ろし】


装画:志村貴子(『青い花』、『放浪息子』など)
解説:壁井ユカコ(『キーリ』シリーズ、『エンドロールまであと、』、『14f症候群』など)

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。