ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

メニューを開く
([し]4−5)つむじダブル

ポプラ文庫 日本文学(259)

([し]4−5)つむじダブル

ふたりの人気作家が、兄妹それぞれの視点から交互に描き、ひとつの物語をつむいだ合作小説。兄と妹の想いが胸に響きます!

発売年月2015年2月
ISBN9784591143063
判型文庫判
サイズ151mm x 105mm
ページ数303ページ
対象年齢・学年一般 
本の種類文庫 
ジャンル小説・文芸 YA 
定価670円(本体620円)
ポプラ社在庫情報在庫あり
電子出版コード 59114305000810125803

書籍の内容

人気作家ふたりが一緒につむいだ合作小説!

プロのミュージシャンを目指す高校2年生の兄・由一と、柔道が大好きな小学4年生の妹・まどかは、年齢は離れているが仲のよい兄妹。あまり似ていないと言われるが、共通点はつむじが2つある「つむじダブル」ということ。同じようにつむじが2つある母は、「つむじダブルは幸運の証」だという。
柔道家の祖父、おおらかなサラリーマンの父、料理上手な美人の母の5人の家庭は、「少しぐらいひみつがあってもいいのに」とまどかが思うくらい、のどかで平和だった。
だも、ある日、まどかがひとりで留守番をしているときに、知らない女性から母あてに電話がかかってきた。母は心当たりがないと言うが、それ以来なんとなく様子がおかしい。両親にはふたりの知らない秘密があるのでは……? 

兄の視点を小路幸也が、妹の視点を宮下奈都が描いたハートウォーミングストーリー。
兄と妹それぞれの想いが、じんわりとと胸にしみこみます。

●著者プロフィール
小路幸也
1961年北海道生まれ。『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第29回メフィスト賞を受賞し、デビュー。著書に『東京バンドワゴン』シリーズのほか、『東京公園』『カレンダーボーイ』『COW HOUSE』『ピースメーカー』『花咲小路四丁目の聖人』『花咲小路一丁目の刑事』など。

宮下奈都
1967年福井県生まれ。2004年「静かな雨」で文學界新人賞佳作に入選。著書に『スコーレNo.4』『よろこびの歌』『太陽のパスタ、豆のスープ』『田舎の紳士服店のモデルの妻』『メロディ・フェア』『誰かが足りない』『窓の向こうのガーシュウィン』『ふたつのしるし』『たった、それだけ』など。

この本をシェア

おすすめの書籍

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。