ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
ぼくは君たちを憎まないことにした

一般書(69)

ぼくは君たちを憎まないことにした

パリ同時多発テロ事件後、フェイスブックで世界を駆けたメッセージがあった。妻を奪われた夫が、小さな息子と紡ぐ人間の希望。

発売年月2016年6月
ISBN978-4-591-15090-0
判型四六判
サイズ195mm x 135mm
ページ数150ページ
主な対象年齢・学年一般 
本の種類単行本 
定価1,296円(本体1,200円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

電子書籍情報

配信開始日 2016年06月21日(火)

書籍の内容

【 内容】
昨年11月、パリで同時多発テロ事件が起き、130人以上の死者が出る惨劇となった。このテロで妻を失った著者は、フェイスブック上でテロリストに「憎しみを与えない」と宣言、メッセージは世界を駆け巡り、3日間で20万回以上も共有された。暴力と混乱のなかに灯された言葉、人間の尊厳――。最愛の妻をテロリストに奪われた夫が、小さな息子と共に生きる希望を綴じ込んだ、胸をゆさぶるドキュメント。

【著者】アントワーヌ・レリス
1981年5月21日パリ生まれ。ジャーナリスト。元France Info、France Bleuの文化担当記者。2015年11月13日のパリ同時多発テロ事件で、バタクラン劇場にいた妻エレーヌ・ミュヤル=レリスを失う。130名以上の死者が出たテロの衝撃に恐怖と憎悪の言葉が飛び交う中、著者はフェイスブック上にテロリストに宛てた手紙を公開。最愛の人を奪った彼らに、自分の憎しみも17か月になる息子メルヴィルの憎しみも与えない、と宣言した。そのメッセージは世界を駆け巡り、3日間で20万回以上も共有された。事件から約2週間の日常の中に、幼い息子と共に生きる希望を綴り込んだ本書は、胸を揺さぶる稀有なドキュメントである。

【訳者】土居佳代子
青山学院大学文学部フランス語フランス文学科卒。主な訳書に、『手縫いの魔法II』(求龍堂)共訳『ヴェルサイユの女たち』(原書房)等がある。


【目次】

野蛮な夜 
待つ 
てんとう虫
ほかの原因も…… 
妻に会う 
演奏の準備ができた
ぼくは君たちを憎まないことにした
時間の主人
手作りの料理 

頑張って
指先
落ち込む権利 
遺品の整理
メルヴィルの手紙 
物語の終わり
ママがいる

訳者 あとがき

この本をシェア

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。