ポプラ社

ポプラ社 ポプラ社70周年 メニュー

サイト内検索

サイト内検索
メニューを開く
マカロンと金平糖

一般書(653)

マカロンと金平糖

20歳で初めて訪れたパリは、なぜかなつかしい場所だった。イラストレーターの著者がパリの街や人々についてういういしい文章と絵で描写したイラストエッセイ。

発売年月2010年5月
ISBN9784591118047
判型A5変型判
サイズ196mm x 154mm
ページ数63ページ
対象年齢・学年一般 
本の種類単行本 
ジャンルエッセイ 
定価1,404円(本体1,300円)
ポプラ社在庫情報品切れ

書籍の内容

初めてなのに、なぜか、なつかしい……。
20歳のとき、訪れたパリは私にとってそんな場所だった。
小さいころから親しんでいたメダイユの教会に訪れたり、パサージュを歩いてみたり、
歩きつかれたら、マカロンをほおばったり……。

初めての海外への一人旅の感動とよろこびを、
幸福な色彩とみずみずしい文章で描いたイラストエッセイ。

この本をシェア

おすすめの書籍

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

電子書籍購入のご案内

※ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。
※電子書籍の価格は、各ストアにてご確認ください。