サイト内検索
メニューを開く
(図書館版)補欠廃止論

ポプラ選書 未来へのトビラ(3)

(図書館版)補欠廃止論

日本独特の補欠制度が子どもとスポーツをダメにする「補欠は差別」と訴え続ける著者の学校教育&スポーツ改革論

発売年月2018年4月
ISBN978-4-591-15789-3
判型四六判
サイズ188mm x 129mm
ページ数159ページ
主な対象年齢・学年中学 高校 一般 
定価1,620円(本体1,500円)
ポプラ社在庫情報在庫あり

書籍の内容

サッカーの辛口解説者として知られる著者が長きにわたり訴えているのが、部活動における「補欠制度の廃止」である。世界のスポーツ社会には「補欠」という言葉は存在しないとまで言い切り、日本の団体スポーツが世界で活躍できないのは、「補欠制度」が原因と訴える。学校教育とスポーツを変える新提言。

(もくじ)
第1章 なぜ僕は「補欠は差別」と考えるのか
・補欠が増えてもサッカー人口は増えない
・「補欠」とは「貧しい」ということ
・「忍耐力のある子」と褒めるから、競争心のない子が育つ など

第2章 日本の団体スポーツが世界で勝てない本当の理由
・日本の団体スポーツが勝てない3つの理由
・チームワークを美化しすぎてはいけない
・スポーツはブームであってはならない など

第3章 「部活動」と「スポーツ」は切り離さなければならない
・学校はもともと「スポーツ」をやる組織体制ではない
・教育で公立と私立が同じルールでないのは差別ではないのか?
・スポーツに学歴は必要か? など

第4章 子どもがスポーツをすることで成長するのは「親」
・デジタル社会だからこそ、スポーツで交流する意味がある
・種目を絞るのは、子どものためにならない
・いろんな種目を知っていれば、将来役立つ など

第5章 本当のプロスポーツ選手とは
・Jリーガーは夢がないのか?
・地域密着のプロスポーツとは
・日本に感謝しているからこその辛口 など

※本書は2016年6月に『補欠廃止論』として、ポプラ新書より刊行したものを、ルビを加え選書化したものになります。新書版とはブックデザイン、版型が異なっております。

この本をシェア

ポプラ社

Copyright © POPLAR Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.

当ホームページに掲載の、写真、動画などの無断転載、加工など一切禁止しております。

ページトップ

購入のご案内

書店

全国の書店でお求めいただけます。下記のリンクから、書店の在庫が検索できます。

ネット書店

購入方法の詳細は、各店のサイトでご確認ください。

*印のついたネット書店は書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外のネット書店につきましては、各ネット書店の検索機能をご利用ください。

電子書籍購入のご案内

電子書籍ストアによりましては、この本の電子書籍を扱っていない場合がございます。

電子書籍の価格は、各電子書籍ストアにてご確認ください。

*印のついた電子書籍ストアは書籍の紹介ページに直接移動できます。それ以外の電子書籍ストアにつきましては、各電子書籍ストアの検索機能をご利用ください。