i 西加奈子 『サラバ!』(直木賞受賞作)の西加奈子が、どうしても描きたかった物語。「i」

ニュース

書誌情報

西加奈子の全身全霊。
『サラバ!』から2年――
渾身の書き下ろし小説。
i 書影

『i』

:西加奈子
発売日
:2016年11月30日
ISBN
:978-4-591-15309-3
定価
:1,500円(税抜)

『i』刊行記念 西加奈子さんインタビュー

直木賞受賞作『サラバ!』から二年。
西加奈子さん待望の新作小説『i(アイ)』が発売され、大きな反響を呼んでいる。
どのような想いからこの物語が紡がれたのか、西さんにお話を伺った。
インタビューページはこちら >>>

『i(アイ)』への言葉

COMMENTS

  • 中村文則さん

    読み終わった後も、
    ずっと感動に浸っていました。
    なんてすごいんだろう。
    この小説は、この世界に
    絶対に存在しなければならない。

  • 又吉直樹さん

    世界で起きている惨事は
    過去の話ではないのです。
    残酷な現実に対抗する力を、
    この優しくて
    強靭な物語が与えてくれました。

  • 村田沙耶香さん

    安全な場所から世界を想う。いつも、どこかでそのことを恥じていた。
    けれど、私は主人公ほどまっすぐに、真摯に、恥じたことはなかった。
    痛みや苦しみを、見えない世界の分まで拡張すること。
    この本の叫びは、私も苦しんでいいのだと、この苦しみを信じていいのだと教えてくれる。これから先、ずっとこの本を想いながら、自分の人 生の外にある痛みに、必死に手を伸ばし続けるのだと思う。

著者プロフィール

西加奈子

西加奈子(にし・かなこ)

1977年、テヘラン生まれ。カイロ・大阪育ち。
2004年、『あおい』でデビュー。
2007年に『通天閣』で織田作之助賞、
2013年に『ふくわらい』で河合隼雄賞受賞。
2015年に『サラバ!』で直木三十五賞受賞。
ほか著書に『さくら』『きいろいゾウ』『円卓』
『漁港の肉子ちゃん』『舞台』『ふる』『まく子』、
絵本に『きいろいゾウ』『めだまとやぎ』『きみはうみ』など多数。