児童書に関するお知らせ

ニュース
子そだちの森 ~ママの心の笑顔を応援~
「ママと医師&専門家との子そだち広場」 第15回レポート

〔レポートNo.15-3〕

2016年度より、【子そだちの森】の詳しいセミナー内容をレポートで発信して参ります。
会場にお越しになるのが難しい方や様々な理由でご出席が難しい方々にも、この会の共有できる情報はご提供したいと考え、セミナー内容を文字として情報発信する事に致しました。
ご参加頂くと、先生やご参加者との関わり等の良さがございますが、それは機会が出来た時に。
<今、出来ること>を大切に一歩踏み出して下されば嬉しいです。

○   ○   ○

東洋医学の理論や技術を保護者に実践的に伝えることで、子育て・親育ちを応援するどんぐり鍼灸室室長の山口あやこさんにお話しを伺いました。東洋医学のキモとは!?その講演の内容を前編・後編に分けてお届けいたします。今回は<後編>です。

 


 

山口あやこさん

山口あやこ(やまぐち あやこ)さん

女性と子どものためのどんぐり鍼灸室室長。東京スキンタッチ会会長。三児の母。自身の子育ての経験から、子育て・親育ちに東洋医学の理論や技術が役立つこ とを実感。東洋医学のキモとなる「触れること」「見ること」「聞くこと」「嗅ぐこと」を実践的にお伝えすることで、子育て・親育ちを応援。児童館などでの 子育て講座も開催中。著者「脳と体にいいことずくめのベビーマッサージ」。

 


 

<後 編>
【暮らす場所と私たちの体】
私たちの体は環境による変化がすごく大きいですね。たとえば、大陸の人は皮膚がすごく厚い。日本人はそれに比べると皮膚が薄く細やかです。それには四季や湿度が関係しているのだろうと思います。日本は春夏秋冬という四季がはっきりしていて、その気候に対応する為に私たち日本人の皮膚は薄く敏感になったいだと考えられています。湿気が多い、水分いっぱいの身体です。だから、少し皮膚を撫でただけでも、その刺激に皮膚が反応して体調が整うことはよくあるんです。
でも大陸の人たちは撫でただけでは効かないといわれています。私は中国に留学していたことがあるのですが、中国でははりをささないと効かないといわれていました。暮らす場所と体質はやはり関係があるので、どこか別の国の健康法を日本に取り入れるときには、日本流にアレンジしないといけないなと思います。

 

【それぞれの身体に合ったやり方】
東洋医学では、子どもの性質、生まれ持った体質を4つに分けて見ることがあります。こういうタイプの子はこういう症状が出やすいですよということが書いてあるものです。はり灸の理論で「五行説」といいます。あとひとつが「陰陽」。理論としてはこの2つが考え方の基本となっています。
この「五行説」を人間の臓器にも当てはめたものが、肝タイプ、脾タイプ、肺タイプ、腎タイプの四つです。「五行」や「陰陽」というのは、はり灸とか漢方とか占いにもなっているので、とてもおもしろいんですね。
お子さんの性格や体質などを見て、どのタイプに当てはまるかを考えてみると、どんな時期にどのようなところの調子を崩しやすいか、どんなことが得意なのかがわかってきます。
治療にいらっしゃる方は親子で治療することも多いです。親と子はやはり似ているんですね。だから、子どものことで悩んだら、自分の体質のことも考えてみるといいですよ。
うちの子はこのタイプかなということがわかったら、このタイプはこういう時期、こういうところに気をつけたら予防になる、というふうに役立ててほしいです。

 

【さいごに】
わたしは、「東京スキンタッチ会」という、はり灸師の自主グループに入っています。東京、埼玉、神奈川、千葉のメンバーがすごく増えて、200人くらいのはり灸師が登録してくれています。この会は、東洋医学の知恵や技術的なケアを、講演やセミナーなど、教室形式でお母さんたちに広めようという活動をしています。
ご家庭で簡単にできるちょっとしたお子さんのケアはこういうセミナーでお伝えできますが、きちんと治療したいと思う時は、お近くのはり灸院に行ってみてくださいね。この「東京スキンタッチ会」に所属しているはり灸師は、みんなすごく子どもが好きで、子育てを応援したいという方が集まっているので、安心して訪ねてみてください。小児はりをやっている治療院情報は、東京スキンタッチ会のHPに掲載されています。

 

10月までのテーマにつき募集中です。

詳細はコチラ↓
http://www.poplar.co.jp/info/event/009463.ht ml

 

では、ご参加者がアンケートに寄せて下さったお声の中から今回はママの<子育てについて今一番興味のある事>をご紹介させて頂きます。

 

☆乳児期に大切な活動。
(東京都杉並区在住のママ)

 

☆トイトレ。幼児教育。英語教育。イヤイヤ期の付き合い方。
(東京都新宿区在住・1歳8ヶ月のお子さんのママ)

 

☆生活リズム。
(東京都新宿区在住・1歳3ヶ月のお子さんのママ)

 

☆健康。習い事。
(東京都豊島区在住・11ヶ月のお子さんのママ)

 

☆子どもがどんなタイプなのか、どう接して伸ばしていけばいいのか。
(東京都豊島区在住・2歳8ヶ月のお子さんのママ)

 

☆おもちゃ、本選び。
(東京都渋谷区在住・10ヶ月のお子さんのママ)

 

☆トイトレ。幼稚園情報。2人目の子供を考えている。
(東京都新宿区在住・1歳8ヶ月のお子さんのママ)

 

☆どんどん出来ることが多くなる。
(東京都新宿区在住・9ヶ月のお子さんのママ)

 

☆兄弟の関係。
(東京都北区在住・3ヶ月のお子さんのママ)

 

☆毎日の成長。
(東京都新宿区在住・6ヶ月のお子さんのママ)

 

☆しつけをいつからするか。
(東京都渋谷区在住・10ヶ月のお子さんのママ)

ページトップに戻る