児童書に関するお知らせ

ニュース
ポプラ世界名作童話シリーズ全10巻創刊!
じぶんでよめる!本がだいすきになる!ポプラ世界名作童話シリーズ全10巻創刊!

はじめて名作を読むちいさなお子さんが、本を好きになってほしいとの願いをこめて、このシリーズを創刊しました。一冊の本を最後まで読み終えることは、達成感を味わい、物語の世界を旅するよろこびを知ることになるでしょう。なんどもくりかえし読み、本棚にいつも置いてある大切な宝物にしてほしいシリーズです。だれもが一度は読んでおきたい名作の数々。ぜひおとなのみなさんも、本を読んだお子さんといっしょに、その世界をはなしあい、かたりあって、楽しんでください。

* * * 3つの特徴 * * *

 POINT1   第一線で活躍する児童文学作家が名作に新しい命を吹き込みます。

低学年から読めるよう総ルビをふり、読みやすい文字とレイアウトで、初めて物語を読む子どもたちにも負担なく読めるように工夫をしてあります。また、「魔女の宅急便」「おばけのアッチ」シリーズでおなじみの角野栄子をはじめ第一線で活躍する児童文学作家たちが、正しく美しい日本語で原作を再構成し、今の子どもたちにとって魅力的な物語として新たな命を吹き込んでいます。

 POINT2   人気画家が名作の世界を表現力豊かに描き出します。

人気画家による鮮やかな装画とカラー挿絵をふんだんに盛り込み、眺めているだけでも楽しくなる! そんなシリーズを目指しました。いきいきとした表情豊かな絵が、物語の世界を色鮮やかに伝えます。品格のある装丁と挿絵でポプラ社が自信をもってお届けするこの名作シリーズは、子どもたちの心に、いつまでも色あせず残り続けることでしょう。

 POINT3   何度でも読みたくなる、ずっとそばに置いておきたい厳選された名作です。

世代をこえて愛されてきた名作を入り口にして、ひとり読みの楽しい旅にでかけませんか? 困難に立ち向かう勇気、生きるよろこび、人を愛する幸せが描かれた世界名作は、子どもたちの想像力と感性を育みます。そして読むことのよろこびは、確実に子どもたちの生きる力につながります。

★定価:本体各1,000円(税別)

赤毛のアン

 1 赤毛のアン

  • L.M.モンゴメリ/作
  • 柏葉幸子/文  垂石眞子/絵

想像力いっぱいのアンが、友情や愛情につつまれて成長していく物語。はじめて世界名作に出会う子どもたちへ贈ります。

トム・ソーヤーの冒険

 2 トム・ソーヤーの冒険

  • M.トウェイン/作
  • 阿部夏丸/文  佐藤真紀子/絵

トムは、ハック、ジョーと家出をして無人島でくらすことに。3人の小さな海賊がくりひろげる大冒険を爽快かつユーモラスに描く。

小公女

 3 小公女

  • F.H.バーネット/作
  • 越水利江子/文  丹地陽子/絵

いつも明るく元気な少女セーラ。ところが、あるできごとがおきて……。『小公子』とともに世界中で読み続けられている感動の名作。

アルプスの少女ハイジ

 4 アルプスの少女ハイジ

  • J.シュピリ/作
  • 那須田淳/文  pon-marsh/絵

アルプスで、きむずかしいおじいさんとくらすことになったハイジ。その明るさで、まわりの人の心をやさしくとかしていきます。

フランダースの犬

 5 フランダースの犬

  • ウィーダ/作
  • 濱野京子/文  小松咲子/絵

心やさしいネロ少年とおじいさんのそばで、犬のパトラッシュは、まずしいくらしの中でも幸せにくらしていました。ところが・・・・・・。

西遊記

 6 西遊記

  • 呉承恩/作
  • 三田村信行/文  武田美穂/絵

石ザルの孫悟空は、たくさんの術をみにつけ、天竺へお経をとりにいく三蔵ほうしのおともになった。あばれんぼうの孫悟空のぼうけん!

アンデルセン童話

 7 アンデルセン童話

  • H.C.アンデルセン/作
  • 西本鶏介/文  shino/絵

死後140年経っても色あせることのない、童話の王様アンデルセンの珠玉の童話集。「人魚ひめ」「はだかの王さま」など7話収録。

長くつしたのピッピ

 8 長くつしたのピッピ

  • A.リンドグレーン/作
  • 角野栄子/文  あだちなみ/絵

世界一強くてお金もちでおもしろい女の子、ピッピがひっこしてきてから、おとなりのトミーとアンニカは毎日がわくわくの連続です!

ドリトル先生物語

 9 ドリトル先生物語

  • H.ロフティング/作
  • 舟崎克彦/文  はたこうしろう/絵

沼のほとりのパドルビーにすむ少年トミィは、ドリトル先生にあってみたくてたまりません。いつかいっしょに旅にでられたら・・・。

メアリー・ポピンズ

 10 メアリー・ポピンズ

  • P.L.トラヴァース/作
  • 富安陽子/文  佐竹美保/絵

東風にのって、バンクスさんの家にやってきた子守りのメアリー・ポピンズは、魔法のような力でふしぎな世界を見せてくれるのです!

★以降、 11巻~20巻 2016年11月発売予定

* * * 推せんの言葉* * *

子どものときの読書ほど人間を豊かにしてくれるものはありません。冒険する勇気、人を愛するよろこび、人間らしく生きる幸せ、そんな思いを存分に与えてくれるのが名作と呼ばれる作品です。どんなに時代や環境が変わろうとも、長く読みつがれてきた名作には、読者をひきつけずにはおかない感動があります。この「ポプラ世界名作童話」シリーズは、一度は読んでおきたい、つぶよりの名作ばかりです。原作をきちんとふまえ、今日の子どもたちに理解しやすい文章で面白く書き改められています。美しいものを見てためいきをつき、腹のそこから泣き悲しみ、どんなにつらいことも自分の身にひきかえて想像できる感受性、それらを育ててくれるのが名作の力です。

昭和女子大学名誉教授  児童文学者  西本鶏介

『小公女』を小学校二年生の時に、夢中になって読みました。それは普通の「夢中」とぜんぜん違いました。すっかり私は、主人公のセーラになっていたのです。ほっぺたがかっかとして、まわりの声も聞こえません。そのときのことを思い出すと、とってもなつかしい。大事な思い出です。一冊の物語を一人で読み終えたことも、誇りでした。本が大好きになりました。つぎつぎ読んでいきました。 『人魚姫』『ハイジ』『トム・ソーヤーの冒険』もっと、もっと……。そのたびに、主人公といっしょにいろいろな世界を旅したのです。素晴らしい時間でした。大人になってからは、この夢のような時間は味わえません。どうぞ本の思い出をたくさん作ってください。それは宝物です。いつかあなただけの魔法になるでしょう。

児童文学者  角野栄子

ページトップに戻る